生きるって

この本を読みました。

「なぜ生きる」明橋大二

 

なぜ生きるのか。というより、

今生きていること自体が

有難いのだということ。
生まれてきただけで、

ものすごい奇跡なのだということ。

 

だから、今ここに私がいる。

 

それだけで感謝なのだと思う。
そんな奇跡のような結果生まれてきたからには、

命が終わるその日まで

きちんと生きなければならない。

それが

今生まれてきたことへの責任。

 

そう考えると、背筋がしゃんと伸びます。

« »