門限

長男が小学生になって

お友達と遊びに出るようになり

我が家でも門限を決めました。

それは日没の時間にあわせて変動します。

なので季節により

4時半くらいから夏なら6時半くらいまで。

決めた時間と実際の日没が

ずれてきたら親子で話し合い

しばらくの間の門限を決めるようにしてました。

 

長男が中学生になり、

部活のある日は学校の下校時間に

帰ってくるようになりました。

そしてそれ以外の

友達と遊ぶ日に、

さて何時を門限とするのか

初めてのことでちょっと考えました。

我が家の子どもたちは塾に行っておらず

夜外出することはほとんどない。

そんなに街中ではないので夜になると

人通りも少なくなり道も暗くなります。

なので、8時を門限としました。

今のところ大きな問題もなく

長男はできる限り

この時間を守って遊びに出かけています。

 

同じ我が子なのに

次男に対してはまた違う対応が

必要でした。

というのも次男は

「私と交渉する」ことを

選んだからです。

日没を過ぎる時間であっても

お友達と遊びたいから

門限の延長を私に掛け合ってきます。

「6時30分!」

「6時よ!」

「じゃあ15分!」

とまるで店先で値切り交渉を

しているかのようなやりとりがあり

納得してから出かける次男。

で結局なんだかんだと

言い訳をして

自分が最初に言った時間にしか

帰ってきません。

最初はそれに

腹を立てていましたが

今は何かあったら

必ずすぐに連絡すること。

連絡がなければ

門限を過ぎたら

家の鍵を閉めること。

を言い聞かせて

遊びに行かせています。

 

子どもを育てていると

門限に限らず

お小遣いの額や

その他いろんなことで

こういう場合はどうしたらいい?

という場面に出くわします。

そんなときどうしてますか?

実はこのときが

子どもとちゃんと話すチャンスだと

思うのです。

しっかり子どもの意見を聞いて

親の意見も伝えて

お互いが冷静に

双方が納得する着地点を見つける。

こうして決まったことなら

子どもはそうそう破ったりしません。

言うことを聞かないのは

親が一方的に

ルールを押し付けているから

ということもあります。

家族のルール。

一方的に決めてませんか?

子どもだけに守らせてませんか?

子どもに自分で考え行動することを

学ばせるチャンスでもあります。

是非やってみてくださいね!

親子ケンカにならない

コミュニケーションの方法

お伝えしています。

笑顔でいいコミュニケーションが

とれたらいいですね。

« »