子育てと、生きること

ゴールデンウィークも
いよいよ今日まで。
明日からは
いつもの毎日が
始まりますね。

とはいえ
お母さんは、
学校や会社が休みでも、
家事や子育ては休みなし。
逆に、こういうお休みのときほど
忙しかったりするので、
本当にお疲れさまでした。

この連休中、
長男からは、
「散髪に行こうと思うけど、
どこがいいかな」
とか、
ぽつりぽつりと
連絡ははいっていましたが、
彼は彼でいろいろと
予定が入って忙しくしていたようです。

そして次男は、
連日友達と遊び、
バイトをし、
今日もまた、日中はバイト。

私は、
彼らの動向を気にしつつ、
自分の仕事をしていた
ゴールデンウィークでした。

それでも、
次男のお弁当をつくらなくて
よかったし、
少しはゆっくりできたと
思います。

今日一日チャージして、
また明日からに備えたいですね。

今、私は
これからどんなふうに
生きていきたいかを
考えています。

少し子どもの手が離れたから。
もありますし、
今年50歳になる節目の年。
ということもあります。

子育てコーチ
という仕事と、
フラのインストラクター。
仕事がダブルになったこともあります。

この先の50年を考えたとき、
自分にとって
必要なものと、
不要なものを
改めて判断し、
不要なものを手放そうと
思いました。

生活と身体の
リサイズですね。

もっと身軽に、
もっとシンプルに
生きていこう。

そんな風に
考えています。

子育てでも何でもそうですが、
まずはそこで
自分がどうなりたいのか?

それを、
できるだけ具体的に考えることは
大切です。

目指す自分の姿がないと、
前に進むことが
難しいからです。

例えば、
「子どもと笑顔で
語り合えるお母さんになりたい。」

そう思ったとき、
あなたの頭の中では、
どんな場面が浮かんでいますか?

あなたはお子さんと、
どこにいて、
どんな表情をして
何をしているのでしょうか?

必ずその場面を
実現するつもりで、
なんども頭の中に
詳細に思い描ける情景を
ひとつ決めること。

そして、
くじけそうなときは、
またその情景を思い浮かべ、
もう一度自分のやる気を
引っ張り出し、
気持ちを立て直して、
行動に変えていくこと。

それが
ゴールを定めるということです。

なので、
なりたい姿、
手に入れたい場面は、
本当に自分の心が
動くもの、
心からそうなりたい!
絶対にそうなってやる!
と思えるものでないと
いけないのです。

なんとなくあこがれる、
いい場面。
なだけでは、
本当にくじけそうになったとき、
自分にやる気をもたらしては
くれないでしょう。

私が子育てコーチングを
実践し続けてこられたもの、
なんとなく、
子どもといい関係になりたい。
と思ったわけではなく、
子どもたちと
1対1の人として
きちんと彼らに向き合い、
それぞれが自分の意見を
言い合える関係になりたい。
と思い、
そういう場面を思い描き、
必ず実現すると決めて
やってきたからです。

そしてそれを
手に入れたときは、
本当に嬉しかったです。

長男が家を離れ、
新しい親子関係を
これから築いていくことになったので、
今一度、
自分は本当に何を望むのか、
考えていきたいと思います。

子育ては、
自分の人生の一部でもあります。

なので、
子育てだけを考える。
というよりは、
自分の人生も合わせて考えた方が、
いいと思いますよ。

子育てで、
自分が願う情景が見えてきたとき、
合わせて自分に
問いかけてみてください。

そのとき自分は、
どんな風に生きているの?
どんな仕事をしているの?
どんな人に囲まれ、
どんな毎日を
生きているの?
そうしたいのはなぜ?
と。

それが心からワクワクするのなら、
どんなにつらい時も、
それでやる気が出てくるのなら、
それを実現するために、
どんな努力でもしようと思えるのなら、
それは、あなたが本当に目指したい姿なのだと
思います。

すぐには出てこないかも
しれません。
けれど、
自分の中に問い続けることで、
答えはいずれ
見つかります。

でも、
問いかけないと、
答えは出てこないまま、
毎日をなんとなく
生きていくことになるでしょう。

それでいいなら、
構いません。

けれど、
今の自分をもっといい自分に
変えていきたいのなら、
目ざす自分の姿を
目ざす親子の姿を
見つけていきませんか?

« »