たくさんのハンサムおかんが集まりました

昨日は
「誰か」に「何か」をしたいと
考えているお母さんの
交流会でした。

これまで、
メールマガジンに登録してくださっていた
方たちの中で、
ご自身のお子さんだけではなく、
学んできた知識と経験、
子育て以外の部分での
スキルと経験を、
これから
「誰か」のために
使っていきたい。
という夢を持っていらっしゃる
パワーあふれる
お母さんたち。

そんなみなさんと
しっかり繋がり、
それぞれの夢を
形にしていくことができたら。

1人で孤独に頑張るのではなく、
みんなでつながりながら、
出来る部分は
協力しながら
前に進んでいけたら。

そんな想いで開催しました。

初回の昨日は
私を含め10名での開催でした。

残念ながら
ご事情があって
欠席された方たち
参加を見送られた方たちを含めると、
14名のお母さんたちが、
「誰か」に「何か」をしたい。
と意思表示してくださったことになります。

今まで発信し続け、
共感してくださったお母さんたちが
こんなにもいらっしゃったことが
嬉しくてなりません。
みなさん
本当にハンサムなおかんたちでしたよ!

参加されたみなさん
それぞれのできること、
これから学びたいこと
していきたいこと、
をそれぞれお聞きし、
それを全員でシェアしていく。

自分のこれからを
どんどん具体的に
イメージしていただき、
そのために必要な
行動をそれぞれが決め、
動き出していくことを
確認しました。

3人集まれば文殊の知恵
って言いますけど、
10人集まれば、
それどこじゃないくらい
すごいパワーが生まれますね。

みんなが
自分のできることを
集めていけば、
1人で描いていた
夢以上のことが
できる。

そんなことを
実感した交流会でした。

「誰かのために何かをしたいお母さんの交流会」
は、
今後も定期的に
開催していきます。

それはまるで
個人と集団の両方を
コーチングをしているような感じで、
全員が安心して
自分の気持ちを話せる場で、
しっかりと自分と向き合い、
自分の目的地を語り、
その道筋を自分で見つけ、
進んでいくことを
全員でサポートする。

そしてその先に、
みんなが関わり、
みんなで作っていく目的地も
見えてきました。

みなさん
ずっと継続して
メルマガを読んでくださっていて、
さらに
コーチングを学んだり、
心理学を学んだり、
様々な形で
コーチとしての資質を
身につけてこられているので、
全員がコーチでもある集団が
あらたに立ち上がったように
感じています。

これはもはや無敵(笑)。

子育てにコーチングという
考え方を取り入れ、
自分で考え、行動する子を
育てていくとともに、
自分自身も
自分の人生を
自分で考え生きていく力を持つ
お母さんたちを増やしていく。

その夢を
これからは一人ではなく、
チームとして
広げていけるイメージが
見えてきました。

2009年にコーチングと出会い、
2010年に自分の目的地を見つけ、
10分間という短い時間に
夢を凝縮し、
たくさんの人の前で
語ったこと。
それが今の私の原点なのですが、
今、
その場で語ったことが、
実際の形となって
見えてきた気がしています。

子育てって、
どこか孤独を感じて
1人で抱えてしまいがち。

そんな子育てを、
安心して周りの手を借りられる、
1人で頑張らなくていい環境を
たくさんのお母さんたちに
提供できたら。

お母さんたちが、
自分の子育てだけで
手一杯になることなく、
自分の人生も
きちんと楽しめる子育てを
応援できたら。

それが
子育ての当たり前の形に
していきたいのです。

これからは
チーム・ハンサムおかん
として、
全員の
「誰か」に「何か」を叶えるために、
前に進んでいきます。

賛同してくださる
たくさんのお母さんたちを
これからも
募り続けますね。

« »