次男の夏休み2018

そろそろ夏休みも
折り返しですね。
我が家は春休み同様、
次男の友達の
宿泊所みたいになってます(苦笑)。

でもみんな、
最初の約束は
ちゃんと守って、
お風呂に入ってから来る。
とか、
夜中にうるさくしない。
とか、
ちゃんと守ってくれている。

守らなければ、
当然、出禁ですけどね。

そしてみんな、
自分の予定に合わせて
ちゃんと行動しています。

どの子もバイトをしているようで、
それぞれ時間に間に合うようには、
うちを出ていきます。

この間も
たくさんいたのに、
昼頃には次男一人が
寝ていて・・・。

次男は、
朝からのシフトは、
確実に遅刻する気がするらしく、
あえて入れずに、
昼からとか、
午後からとかに
しているんだとか。

自分で自分が
よぉーくわかっているじゃないか。
と、
聞いたときには、
思わず笑っちゃいましたよ。

今朝は起きたら、
夜中の3時くらいに、
「7時半に起こして」
っていうメールが
届いてました。

睡眠時間4時間半。

それも含めて、
自己管理だからね。

そんな生活をしているのに、
長時間バイトで
働いたりするもんだから、
簡単に夏バテになって、
2日ほどバイトを休む羽目になるんだからね。

実際には、
おかんは何も言わずに
見ております。
なかなかの
めちゃくちゃっぷりですが(苦笑)。

以前の私なら、
なんとかして
規則正しい生活をさせよう、
真面目にバイトに行かせよう、
ちゃんと宿題をしているか、
監視しよう。
という気持ちが働き、
一生懸命干渉していたような
気がします。

そして反発されて、
毎日親子喧嘩とか
してたでしょうね。

確かに、
規則正しい生活は
大事だし、
自己管理の甘さ故に
バイトを休むなんて、
どうかしてるし、
本当に、
一体いつ宿題をしているのか
わからなくて、
宿題の量を把握していたら、
残り時間と見比べて、
気が気じゃなくなるかも
しれないけど。

でも、すべて
次男が自分の責任で
やっていること。

そこにおかんがあれこれ言う余地は
ないと思っています。

もちろん、
「昼夜逆転してるんだよね~。
困ったわ。。。」
とか言われれば、
「そうだよね~。それは困るよね~。」
とうなづきながら、
彼の話をとことん聴くでしょう。

「しんどくて
バイト行かれへん。」
と言われれば、
「そうか、しんどいのか。
病院行く?どうする?
行くんだったら、
自分で行く?どうする?」
と、彼がどうしたいのか、
を聴いてみるでしょう。

夏休みもあと数日。
ってときに、
「やばい、宿題が終わらへん」
と言われれば、
「そうか、間に合わんかもしれん?
まあ頑張りや~。」
と言って、
頑張る次男を
応援するでしょう。

小学生なら、
そうなる前に
おかん主導で
何とかしていたでしょうが、
もう自分で考えて行動できる、
高校生。

どれもこれも、
おかんがどうこうすることではなく、
次男自身が
自分の責任で引き受けるべきこと。

次男が自分なりに、
これでやっていける。
と考えて
やっていることなので、
たとえ見通しが
大甘だろうと、
あえて責めたり、
否定したりは
しません。

この経験から、
規則正しく生活しなくては。
とか、
計画的にこなさないと、
しんどいから
気をつけよう。
とか、
自分で気づいて
行動していけばいいし、
それでも直すつもりが
なければそれでいい。

そうやって考え、行動する力は、
次男だけではなく、
誰もが本来持っている力。

親の役割は、
その力がある前提で、
信じて見守り、
その力をうまく引き出してあげて、
伸びていくのを
応援すること。

夏休み後半、
これから彼が
どんな風に過ごしていくのか。

こうなってほしい。
と願ったりせず、
どうなるんだろう?
とワクワクしながら、
見守ります。

あなたは
お子さんの夏休みと
どんな風に
関わりますか?

« »