夢は、叶う。目標は、達成できる。

先日テレビで、
イモトアヤコさんと
安室奈美恵さんが
共演されていた様子をみていて、
「夢は叶います」
という言葉を、
涙ながらに聞いていたおかんです。

ほんと、その通り。
夢は、叶う。

おかんは確信しています。

「夢」、というより、
強くイメージすること、
強く思うことは、
その通りかそれに近いものに
なっていく。
ということを。

子育てで、
あなたが強く思い描いていることは
何ですか?

どんな子育てを
したいと思っていますか?

ただしここには、
注意があります。

自分以外の人を
自分の思う通りに動かすことで
叶う夢はないこと。

だから、
子どもがもっと勉強するようになる。
とか、
子どもが私の言うことを聞くようになる。
とかは、
どれだけ強く思ったとしても、
叶わないのですよ。

それを決めるのは、
あなたではなく
お子さん自身だから。

しかも、
その願いが、
不安から来ていると、
願いの方ではなく、
自分が心の底で強く抱えている
不安の方が現実になっていきますので、
ご注意くださいね。

この先のことなんて、
不安を感じても、
心配しても、
仕方がないのです。
未確定のことだらけなので。

どうなるかわからないことを
心配する暇があったら、
今自分が何をすべきかを、
考えて、体を動かしていきましょ!

もしも、それでも、
「子どもに勉強してほしい。」
が最終的な願いであるなら、
「子どもが自分から
もっと勉強しよう
と思うような子になるために、
うまく接してあげられる
お母さんになる」
とかにしておいてください。

そしてそれを、
いつも口癖にして
みんなに言って回ってください。

「私は、子どもが自分から
もっと勉強したい!
って思ってくれるような
接し方をするの」

そして、
そのための努力を
厭わないでください。

そうしたら、
必ず夢は叶います。
うまく子どもに接してあげられる
お母さんになるって夢が。

そしたら、
お子さんが落ち着いて
自分に自信を持てるようになるので、
もしかしたら
勉強しようと思うように
なるかもしれないし、
他のことで能力を発揮できるように
なるかもしれない。

叶わないのは、
自分ではなく、人を動かそうとするから。
そして、
自分が努力や工夫、学びをしないから。

その逆をすれば、
願いは必ず叶います。

自分のことを振り返って、
つくづく、
私って幸せだなぁ。
と思います。

夢を叶えて、
自分が望む生き方を
どんどん手に入れてきているから。

もちろん、
叶っていないことも
まだたくさんありますが、
振り返って
トータルで見ると、
やっぱり夢は、叶っている。

叶っていない部分は、
自分の欲からだったり、
他人を動かそうとするものが
ほとんどです。

冷静に考えると、
怖いくらい、
望んだ夢は
叶えながら生きて今に至ります。

まだ叶っていない部分は、
これから叶う可能性が
あるってことですからね。

そう思えるようになるために、
大事なことは、
なりたい自分を手に入れるために、
「自分が」行動するということ。
そして、
ハードルを上げた望みを
持たないでいるから。

子どもと笑顔で暮らし、
自分の人生をしっかり生きる。
たくさんの人と、
素敵なご縁でつながる。

それが私の人生の目標であり、
今まさに自分が生きている状態です。

これさえあれば、
私は幸せです。

子どもがどんな状態であろうと、
とにかく生きていてくれれば
それでOKなので、
発達障害だろうが、
勉強が嫌いだろうが、
生活リズムがめちゃくちゃだろうが、
片づけが苦手だろうが、
絶賛反抗期だろうが、
そんなこと、
どうでもいいんです。
私にとっては。

子どもたちが元気なら、
それは
生きているってだけよりも、
それだけで嬉しいし、
さらに頑張っている様子があれば、
それだけで感動します。

生きている状態が基準点なので、
それ以外のことは
すべてプラスなんですもん。

自分自身だってそう。
今生きていること自体が、
それでOKの基準なので、
体が動き、
ごはんが食べられて、
こうやってメルマガがかけて、
繋がってくださった方と
会って話せる。

それはすべて、
感動するくらい
嬉しくて有難いこと。

だから、
思い通りにならなくてしんどい。
ということは
あんまり感じないのかもしれません。

そもそも
思い通りになることなんて、
あるとは思っていなくて、
すべてはなるようにしかならないと
思っているから。

だからこそ、
少しでもいい状態になるように、
自分ができることは、
一生懸命する。
けれど、
結果にとらわれないし、
結果に左右されない。

結局どこを見るかで、
生活も、人生も、
変わってきますし、
嫌なら自分で変えていくか、
自分を変えるかすれば
いいだけなのです。

自分で変える、
自分が変わる力をつけるために、
おかんは日々学び、考え、
実践し、努力します。

だから、
もしも自分の命が
残りわずかだとわかっても、
子どもの命が、
どこかで私より先に、
途絶えたとしても、
悲しみはたくさん感じると思いますが、
一生懸命生きて、
一生懸命接してきた記憶はあるから、
必要以上に後悔はしないだろうし、
それも現実として、
受け入れて生きていくんだろうな。

って今は思っています。

ちょっと語ってしまいましたが(いつもや)、
ありのままを受け止めるって、
そんなところに
あるんだと思いますし、
そのうえで、
強く願うことは
それに向かって
正しい行動をしていれば、
いつか叶う。

イライラも
オロオロも、
しなくていいんだと
思いますよ。

さあ
あなたが叶えたい願いは、
なりたいことは、
望む夢は何ですか?

« »