おかんの軸になっている想い

時々おかんは
考えます。

私は一体、
どんな子育てがしたいんだ?

私はどんな生き方が
したいんだ?

って。

大きく方向性が
ぶれることは
もうなくて、
ほどんと
自分に対する確認みたいなもの
だったりするのですが、
ここをちゃんと
自分に対して問いかけ、
自分の頭で考えておくことって
とっても大切だと思うから、
時々やります。

そして、
その想いを
メモに書き留めておいたりも
します。

手元にあるメモには、
少し前に書いた想いが、
残っています。

「あなたを尊敬し、誇りに思います」
我が子に対してそう思えるような
子育てをしようと思うし、
我が子からそう思ってもらえるような
生き方をしようと思う。

息子たちが
ある程度大きくなった今、
おかんが目指すのは、
こんな子育てであり、
自分の生き方。

別に
大きなことを
成し遂げなくていいし、
素晴らしい記録を
手に入れなくてもいい。
なんの実績がなくてもいい。

ただ、
自分を大切に、
一生懸命生きていく人に
なってほしい。

でもそれって、
未来にそうなってほしい、
今はそうなっていない。

ってことではなくて、
今すでに目の前にあること。

息子たちのことを、
私は
尊敬しているし、
彼らのことを誇りに思って
見守っている。

そして、
自分もそう思ってもらえるように、
毎日を真剣に
一生懸命
楽しく生きている。

子どもに尊敬されるような
誇りに思ってもらえるような
生き方をしたい。

もし今できていなくて、
そう思うなら、
誰でも今からでも、
変えていくことができます。

他の
自分が望む生き方にだって、
人は、変えていくことができます。

何か一つ、
自分の生き方に筋を通す想い。

それを持って生きること。
それを自分の中から
見つけていくこと。

それも、
子育てコーチングで
おかんが手に入れたこと。

あなたはどんな生き方を
したいですか?

« »