風邪をあなどるな

季節の変わり目は、
体調を崩しやすいですね。

我が家では次男が、
連休中から風邪のようで、
本人も軽く考えていた
みたいなのですが、
どんどんひどくなり、
結局昨日は学校を休み、病院へ。

診察してもらい、
薬をもらって帰宅しました。

とにかく寝ていることが第一だと
あまり邪魔をせず
寝かして私は仕事に行ったのですが、
来週からは中間テスト。

気になっているのか、
夕方仕事から帰宅して、
部屋をのぞくと、
調子のいい時を見て
勉強していたらしく、
電気スタンドはついていて
机の上にはノートが。

でも夕方から
ぐんぐん熱は上がっていきます。

結局バイトも、
行ける状態ではなく、
休ませてもらうことに。

我が家では、
学校は休めば自分に迷惑が
かかるだけなのですが、
バイトはシフトに穴をあけ、
周りにも迷惑がかかるので、
夕方までに快復したときは、
バイトに行くのを
OKしています。

でも今回は、それもできず、
さらに上がる熱に、
ただひたすら横になっているのでした。

風邪は、
いったんかかると、
とことんひどくなって、
ピークを過ぎるまでは
どうしようもないですからね。

様子をみながら、
少しだけ晩ごはんを食べ、
また眠る次男。

そして夜中でした。

ガタン
という大きな音で
目を覚ましました。

トイレに立った次男の
音のようです。

廊下を歩いていて、
どこかにぶつかったかな。

と思ったのですが、
様子を見に行くと、
トイレの床で、
貧血を起こしたのか、
次男が倒れてました。

しばらくは
呼んでも返事がなく、
何度か呼んでいるうちに、
ようやく気付いて
返事が。

「気絶してた」
って言ってました。

そして、
意識は戻ってきたものの、
身体はなかなか動かせず、
長い時間をかけて、
ようやく体勢を立て直し、
トイレから出てきました。

その後は、
本人も不安だったのか、
部屋には戻らず、
私が寝ているすぐそばの、
リビングのソファーで
寝ていた次男。

朝から声をかけると、
「今日も休む」
とのことでした。

確かに、
昨日の夜の状態では、
一日学校は無理だと思われるので、
仕方がないですね。

我が子であっても、
人の体の状態を、
正確に親が把握するのは
難しいです。

長男も高校時代、
風邪の時に何度か
倒れています。

学校で倒れたこともあったそうで、
周りや先生からも、
びっくりされましたし、
私も2度、
病院の待合室で
目の前で見たのですが、
本当に突然、
しゃべっている最中に
全身の力が抜けて、
崩れ落ちました。

しばらく横になっていると、
回復して、
何事もなかったかのように
なるのですが
見ていて怖いし、
突然なので驚きます。

長男は、
回復してから
いろいろ病院で
検査も受けましたが、
何もわかりませんでした。

大変そうだと思っても、
案外大丈夫だったり。

大丈夫そうと思っても、
実は大変だったり。

だからやっぱり、
油断は禁物。

できるだけ目を離さず、
見守っておいた方が
いいですね。

とはいえ、
ずーっと横で見守り続けるのも
不可能だし、
思春期の子には
ちょっと重いと思うし。

遠くから、
そーっと気持ちだけ
見守ります。

本人からの要望が
何かあれば、
できるだけ対応できるように、
気持ちはスタンバイして。

みなさまも
お気をつけくださいね~。

« »