あなたに忍耐力と継続力はありますか?

連続で書いてきた、
おかんの子育ての
何を変えてきたのか。
というお話。

心を決め、
子どもをありのまま認め、
事実をそのまま受け止め、
信頼関係を築き、
自分の心の状態をゼロの状態にすること。

コーチングを学び、
実践しつつ、
たくさんの失敗の中から、
これだけのことを
学び、
身につけてきました。

学んでできるように
なればなるほど、
子どもとの関係性は
良くなる方向に進んでいったのです。

子育てをうまくいかせるために、最後に大事なこと。
それは、焦らない。ということ。

1回や2回、
1週間やそこら、
1ヵ月ほど頑張ってみて、
ちっとも効果がでない、
子どもが変わらない。
と嘆くのは大間違い。

実際には、
接し方や自分の考え方を変え、
より良い接し方や
自分の考え方が、
当たり前のように自分のものになって、
習慣化して
もはやそれ以外の
やり方、考え方ができない。
ってなったころに、
やっと子どもの変化を感じ取れる。
そういうものなのでした。

その間は、
一進一退が続くのが
当たり前だし、
手ごたえを感じ始めてからも、
今だって、
一進一退は続いています。

そんなものなのです。
子育てって。

だから、
細かく、
できたと思ったら、
やっぱりできていない。
に一喜一憂するよりも、
自分がこれ!
と決めた接し方を
とことん信じて、
わき目もふらず
半年、一年と
続けていくだけ。

どれだけ進んでも、
うまくいかないことなんて、
たくさん出てきますので、
それもすべて想定内ととらえること。

子どもの様子も
もちろん見ます。
けれどもそれだけで、
うまくいっているかどうかを
判断してみるというより、
自分が信じた道を、
ただひたすら、
進み続けることだけ。

そうやって
進み続ける
忍耐力と継続力は
どこから出ているのかというと、
「絶対に変わる。」
「人間として成長する。」
「そして、子どもにとって
いいお母さんになる。」
という決心でした。

ここが、
「ならなくちゃ」
とか
「なりたい~。」
だと、
あっけなくぐらつき、
心が折れて、
せっかく学んだコーチングを
活かすことは
できなくなるのだということは
もうおつたえしましたよね。

うまくいかないときは、
「そういうこともある。」
と、事実を認め、
うまくいったときは、
自分をほめて、
子どもに感謝する。

そうやって、
前に進めば進むほど、
自己肯定感も高くなり、
「できない自分」を
「できる自分」が上回り、
心をゼロの状態に保つことが
できるようになり、
いい子育てのスパイラルの中に
入っていくことが
できたのです。

子育てのしんどさを
変えてくれるのは、
子どもの態度や行動ではなく、
自分自身です。

子どもが自分の望む行動をすれば、
子育ては楽になるわけでは
ないのです。

そうなれば、
また次の望みが出てきて、
また次のイライラが発生し、
ずーっと文句を言いつづけ、
しんどさを感じ続けることに
なるでしょう。

そしてそれは、
子育てだけの話では
ありません。

自分自身の生きづらさを
変えていくのも、
自分自身だということです。

誰かが
自分の状況を変えてくれるのを
待っていると、
一生幸せになんて、なれない。

親が幸せに生きていかないと、
子どもの問題行動は
変えられても、
子どもを幸せに
することはできません。

親が不幸だと、
確実に子どもは
巻き込まれていきます。

親が不幸せなまま、
子どもが幸せになるには、
子どもが自分で自己肯定を高め、
親との縁を断ち切って、
自分で這い上がるしかなく、
子どもにとっては、
相当過酷な経験となるでしょう。

先日読んだあるブログで
書かれていたのですが、
「親が毒親だと婚活はガチでキツイ」
そうです。

ある結婚相談所のブログです。
https://ameblo.jp/kekkon-monogatari/entry-12422918942.html

立て続けに、
別の方もシェアされていたのを
見つけました。

自分の親が毒親で、
苦労をした方もいらっしゃると思いますが、
自分自身が毒親になっていないか、
いつも振り返ってみる必要は
あると思います。

別に結婚だけが、
幸せとは限りませんが、
子どもが幸せに生きてくための
邪魔をするもの、
それが
毒親になった親の存在であることは、
間違いないと思いますよ。

子どもを否定し、
子どもの幸せのためといいつつ、
子どもを不幸にしていく親。

そんな親に
なりたくなければ、
まずは自分が幸せになることを
本気で考えてみてください。

でないと、
子どもに一生取りつく、
やっかいな生き物になってしまいます。

今の場所から逃げ出すことだけが、
幸せではありません。

今の場所にいたままで、
自分自身を変えて、
幸せをつかむことだって、
できるのです。

捉え方を変え、
考え方を変え、
行動を変え、
自分が変わるということ。

自分にも他人にも、
否定されず、
自分を肯定し、
心をどこにも偏っていない、
ゼロ・ポジションにおくこと。

来年は、
このゼロ・ポジションに
心を置くための
サポートを新たに始めていこうと
考えています。

心がここにあれば、
コーチングの理論も実践も、
よりしやすくなりますし、
子どもの育てにくさや、
発達障害の子どもの子育てなどにも
とても効果を発揮するはずです。

あなたの心を、
ネガティブゾーンから
引っ張り出し、
ゼロ・ポジションに立ち、
コーチングを学び、実践し、
いい子育てのスパイラルに入るまでを
サポートする計画です。

心の状態は、
1人1人違うので、
マンツーマンで、
半年から一年がかり、
場合によっては、
それ以上かかるケースも
あるかもしれません。

1人1人のお母さんと
寄り添い、
ライフコーチとして、
その子育てと生き方を
トータルにサポートしていきます。

ただし、
「変わりたい」
「変わらなきゃいけない」
ではなく、
「絶対に変わる」
と心に決めた、
本気の方だけを
サポートしていきますので、
まずは自分の心に
しっかり問いかけておいてくださいね。

あなたの心は、
今どう感じていますか?

「絶対に変わる。」
と心に決めることが
できますか?

« »