子どもとの信頼関係を築くには

親子の信頼関係を作るには、
親子間のコミュニケーションが
欠かせません。

コミュニケーションが
うまくできていないと、
友達だろうと
パートナーだろうと、
我が子だろうと、
信頼関係は築けないのです。

じゃあコミュニケーションって、
どうするのか?

大事なのは、
子どもを大切に思うこと。
子どもの話を一生懸命聴くこと。

子どもを大切に思うってことは、
子どもの気持ちや行動を
尊重するってことです。

自分の思い通りに、
動かそうとはしないことです。

そういう気持ちが持てないのなら、
信頼関係を築くことって、
そもそもできるとは
思えませんよね。

自分が子どもを大切に思うからこそ、
子どももこちらを大切に
思ってくれるわけだし、
そのうえでの信頼関係。

欲しいものは、
「まず自分から先に
相手に与える。」
なのですよ。

そして、「聴く」。

それも、
「子どもが話したい」ときに、
「子どもが話し終わるまで黙って」
聴くこと。

自分の都合のいい時にだけ、
「聴こう」とし、
自分が聴きたい話だけ、
「聴く」のは、
自分都合で動いているってこと。

それは
自分主体の対話であって、
話し手である
子どものことを
全く考えていないということ。

それでは
子どもとのコミュニケーションは
成立しないし、
その先にある、
信頼関係は
いつまでたっても
築けません。

最初から
うまくいかないのは、
あたりまえ。

たくさん失敗して、
山ほど落ち込みながら、
できる力を身につけていくこと。

それしか、
方法はないのです。

子どもとの信頼関係を
築くこと。
と、
自分の思い通りに
子どもを動かすこと。

あなたが本当に望んでいるのは、
どっちですか?

明日は、
以前おかんの子育てコーチング講座を
受講してくださっていた方からの、
めちゃくちゃ嬉しい近況報告と、
お子さんのスマホ管理に使える
お役立ち情報を書きますね。

ただし、
この情報を有効活用できるのは、
お子さんとのコミュニケーションができて、
信頼関係を築いた人。

まずは、
今日書いた内容を
クリアしてから、
活用してくださいね!!

« »