成人式

今日は長男の成人式。

最初は、
式の時間に間に合うように、
京都から来て、
終わったらまたすぐ
京都に帰る。

と言っていた長男ですが、
昨日の朝、
「明日何時に駅に着く?」
とメッセージを入れたら、
「いや今日帰るわ」
という返事。

ま別に、
帰ってくるのが
昨日でも今日でも、
おかんは特に困らないので、
「わかったー。
また着く時間教えて」
と返しておきました。

長男も次男も、
いつも彼らの予定は
流動的。

自分の予定を
把握しているようで
把握していなかったり、
その時の状態で、
どんどん変わっていくので、
こちらも
事前にきっちり決めておくことが
できない。

以前はそれが
めちゃくちゃ苦手で、
いつもそこが
喧嘩の原因だったけれど、
ようやくそれも
そのまま受け止められるように
なりました。

自分のバイトのシフトを
勘違いしたり、
うっかりしていたり。

それでバイトを
忘れてすっぽかすことは
ないのですが、
よく直前になって、
こちらの予定を
ドタキャンされたりは、します。

「なんなんだよ~」
と思うことはあるけれど、
なんとなくそういう部分も、
特性としてあるような気がして、
それでもちゃんと、
バイトも継続できているし、
とても困るわけではなく、
「おいおいちゃんとしてくれよ~」
くらいのものなので、
それを無理に
正そうとは思っていません。

昨日の夕方、
「さて、彼は晩御飯を
家で食べるんだろうか?」
と支度前に思って
メッセージを送ると、
「帰れへんかもしれん」
「今愛知」
「充電4パー」
「善処する」
という、謎の返事。

なんやなんや
今どうなっとるんか
全然状況が見えへんわ。

とにかく、
その時彼は愛知にいて、
昨日中に帰れるかどうか
わからないくらいの状況。
とだけは
わかりました。

ま、昨日でも今日でも、
いいんだけどね。
そしてうっすら感じる
「やっぱり」

携帯の電池が4パーしかないなら、
もはや詳しい説明など
求められないし、
こちらも短く要点だけで
返事しないと。

「終電までは迎えに行くで」
(けど京阪電車の終電ってまぁまぁ真夜中)

「公衆電話で連絡して」
(おかん起きてたら出るから)

これだけ伝えれば、
なんとかなるだろう。
と思ってたら、
まさかの即レス。

「新幹線で爆走してるからそれはない」
「ただ」
「家に受付票忘れたから取りに帰らないといけない」

もはや、
何がどうなって
彼が愛知あたりを
新幹線で爆走しているのか
おかんにはわからず・・・

そして、
成人式の受付票を
京都の家に忘れて移動しているらしい・・・

そういえば、
大阪の自宅に案内が届いた時、
写真に撮って長男に送ってた。

「写メじゃあかんか。。。」

「調べて教えて」
「充電ないわ」

ってもう日曜の夕方!!
役所とか閉まってるって!!
充電ないなら調べても連絡できんやん!!

タブレットに向かって
ツッコむおかん。

一応枚方市の成人式の案内HPに
Q&Aが乗っていて、
案内状届いてなくても参加できるとか、
親もどうぞとか、
色々書いてあったので、
「たぶん大丈夫っぽい」
と書いて送ると、
「じゃあこのまま帰るわ」
という返事で、
ようやく落着。

そしておかんはそのまま、
公衆電話からの
「今着いた」
コールに備えて、
タブレットと携帯電話を持ったまま
家で待機してました。

夜7時を過ぎて、
誰かが帰ってきた気配。

出かけていた次男でも
帰ってきたのだと思っていたら、
何と長男でした。

駅からは
バスで帰ってきたらしい。

「はい、誕生日プレゼント」

そう言って、
花束をもらいました。

え?え?

「50の区切りやし」

え?え?
誕生日2か月前・・・

「まぁまぁいいからいいから」

そのとき帰ってきとったやん!

まぁ嬉しいからもらいましたけど。

そんなやり取りのさなか、
バイトから次男が帰宅。

タイミングよく
全員が揃いました。

次男に、
「ほらこれ、
誕生日のプレゼントにもらってん!」

と自慢げに見せると、
「え?今なんで?」
と当然の反応。

「50の区切りやって」
とドヤ顔で言った途端に
「え!50って!まじか」
となぜか薄ら笑いで言う次男。

おケツに一発ケリ入れときましたぁ!

2か月遅れで、
なぜかこのタイミングで
もらった花束。

成人式を控えていることもあって、
なんだかそれは、
おかん卒業の
お祝いの花束のようにも思えて、
ちょっとだけ
おかん感激。

20年間
よく頑張りました。

って
自分で自分をほめておこう。

そう思ったけれど、
忘れてた。

「大家さんから連絡あったよ。
解約の書類がまだ出されてなくて困ってるって!!
すぐにやって!!」

そうだった。
相変わらず
やらかしてくれている長男。

まだまだ
手伝わないといけないことも
あるだろうけど、
とりあえず、
区切りの成人式。

区切りの
おかん卒業。

長い道のりだったけど、
大変なことばかりだった
気がするけど、
でも
彼のおかんやっててよかった。

成人式おめでとう。

2回と2分の1成人式のおかんより。

« »