衝撃的!!だったそうです

昨日また
嬉しいメッセージが届きました。

先日の1day講座「ほめほめ」に
参加してくださった方からです。

お子さんを預ける関係で、
途中までしかその日は受けられなかったのですが、
先日、もう一度お会いして、
残りの部分を受けていただきました。

彼女はこれまでにも、
子育てコーチング講座を
繰り返し受講してくださってます。

そして、
定期的にカウンセリングも
受けてくださってます。

お子さんたちと
いい関係を築き、
いい子育てがしたい。

毎回お会いするたびに、
そんな彼女の気持ちが
しっかりと伝わってきます。

それが、
今回の「ほめほめ」を受講して、
さらに意識が変わり、
お子さんとの関係性も
もっとよくなってきたそうなんです。

ご本人にOKをいただきましたので、
一部修正して
ご紹介させていただきますね。

☆☆☆

きよみんさんおはようございます

水曜日は、年末の慌ただしい時期にも関わらず、
ほめほめ講座の続きをして頂いて、
ホントありがとうございます!

今日は、3人の子供達皆揃って終業式。

ホント、私、よく頑張ったわ~!

明日からまた気力体力いる冬休み突入。
の前に、今日は、自分をいっぱいほめて、
労わって、
自分にごほうびをあげて
終業式から帰ってくる子供達を迎えようと思います!

こんなに自分を労れるようになったのは、
きよみんさんのおかげ、
ほめほめ講座のおかげです!

そして、昨日、
すっごく嬉しいことがあったので、
きよみんさんにすぐに報告したくてしたくてッ!!

末っ子の息子が、
体操の強化選手コースに選ばれたんです!

このことも母としては嬉しいのですが、
何よりも嬉しかったことが、
先生からのお言葉。

「(息子くん)は、自分の体を使って
自分の体操を楽しんでますよね!
自信を持っていますよね!
(これは少し冗談気味に)、
(息子くん)は自分大好きですよね!!!笑笑

それって、すごいことなんですよ!
自分が大好きでいることは、
1番の力になるんです!」

っておっしゃって下さいました。

自己肯定感。

私にも足りなかったので、
私は子供たちには自己肯定感を持って欲しい、
そう思って子育てをしてきました。

でも実はすっごくしんどい時もあって。。

頑張っていて、でもまだまだってどこか
終わりのない闘い?をしてるようで、
満たされない感じ。。

でもきよみんさんにお会いして、
きよみんさんの講座を
定期的に受けさせて頂くようになり、
そして、今年最後に受けた衝撃的なほめほめ講座!

自分を肯定することで、
子供達の自己肯定感も育つことを、
すっごく遠回りしましたが、
身を持って感じています。

きよみんさん、ありがとうございます!

自己肯定感を持って、
子育て楽しまれるお母さんが
1人でも増えますように

自己肯定感が低い長女の自己肯定感は、
増しつつありますし、
自己肯定感は元々ありそうな次女を見守りつつ、
自分大好きな自己肯定感ありありの息子も
しっかりまだまだ目にかけ、
愛情を持って、育てていきたいでーす!

今、すっごく子育てが楽しいです!

それは、私が子供達にも甘えることも
覚えれたからかな、とも思ってまーす!

きよみんさん、これからもよろしくお願いします!

☆☆☆

Sさん、ありがとうございます!!

本当に、
実践を続けられるほどに、
お子さんとの関係性は
どんどん良くなり、
家族が落ち着いてこられて、
素晴らしいなぁ。って
いつも思っています。

今は、
長期のお休みですら、
楽しめる余裕をお持ちなんですよ!

そうなってこられた
一番の要因は、
Sさんご自身が、
「変わること」を
心に決めて、
行動し続けてこられたからだと
おかんは思っています。

「〇〇になりたいなぁ。」

そんなの、
いくら願っても、
そこに行動が伴わなければ、
叶いません。

引き寄せとかなんとか、
言うけれど、
実際には、
何もせず待っていても、
何も変わらないし、
何もやってこないし、
何も手には入らないのです。

願った状態を
引き寄せることができるのは、
そう思って、
それに必要な行動を
積み重ねている人だけです。

何もしていない人は、
もし何かチャンスがめぐってきたとしても、
準備をしていないから、
そのチャンスをつかむことは
難しいのです。

学ぶこと、
行動を変えていくこと、
意識を変えていくこと、
子どもとしっかり向き合うこと、
自分の人生ときちんと向き合うこと。

日々それをし続けているからこそ、
なりたい自分にもなれるし、
なりたい家族の姿も
手に入れられるのです。

今の状態が、
自分の望んだものではない。
と感じていませんか?

もしそうなら、
望んだ状態をいつも頭に描き、
今自分がそのためにできることを
精一杯。
継続して
行動してみてくださいね。

« »