もうガミガミ言わなくていい

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

朝、起きたら
次男も同時に
起きてきました。

「昼寝しすぎて、一睡もできんかった」

確かに。

昨日、家を出る時、
まだ寝ていましたが、
夕方帰宅した時も、
また寝ていましたから。

そりゃー寝れないでしょうよ。

「完全に逆転してるね。」
「うん、オレもヤバいと思ってる。」

昔だったらここで
次男にがっつり説教していたところですけど、
今はもう
わかっていることを
重ねてガミガミ言わなくていい。
と知っているので、
「逆転してるね」
だけしか言ってません。

本人が自分でヤバいと
思っているのなら、
なんとか考えるだろうし、
どうしていいか困ったら、
相談してくるだろう。
と思うので、
今週はどうするのか
見守りたいと思います。

入学式は
来週の月曜日。
今日から長男は
塾通い。
おかんもそろそろ
春休みモードから
切り替えないと。

そうこうしているうちに
再び次男が
私のところにやってきました。

「オレの部屋の空気が悪いねん」
「どうしたらいいと思う?」
「空気の家れ替えがしたい。窓とドア全開しとけばいい?」
「いいよ。リビングのドアは閉めておいてね。」
「わかったー。」

一応私や長男が寝ている間は
静かにしていないと。
と思ってくれていたらしく、
私が起きたとたんに、
いきなり活発に動き出す次男。

部屋の空気を入れ替え、
自分で適当に朝ごはんを
食べています。

あれだけ「廃人になる」宣言をしていたゲームも、
夜、私が寝ようとする頃には、
ちゃんとやめて片づけていましたし、
(ゲームをつないでいるテレビの前で
私が寝ているからですが。。。)
ここでも、おかんが
ガミガミと注意したり
怒ったりは
もう必要なくなりました。

それでも怒るのは、
自分が勝手にイライラして
当たっているときだけ。
なので
イラッとしたら、
子どもにではなく、
自分に向き合うようにしています。

ガミガミ言う必要がないんだ。
とわかると、
子どもとの時間が
穏やかになり、
楽しくなります。

そして
落ち着いてくると、
さらに自分で感情は
コントロールしやすくなります。

子どもがもうわかっていること、
重ねてガミガミ言ってませんか?
言い過ぎて
しんどくなっていませんか?

それ、本当に
ガミガミと言わなければ
いけないことですか?
さっき
「その音量で歌うたうの、ちょっとだけ控えてもらえる?
今、ブログ書いてるから」
そう頼んだら、
静かにしてくれていた次男ですが、
なぜか再び歌いだす。

「ごめん、さっき静かにしてもらえる?って
たのんだよね?」
「だって今パソコン触ってないやん」

あぁぁぁそうでした。
ちょっと手を止めて
長男と話してました。

再びパソコンに向かいだしたら、
また静かになってくれました。
どっちかというと、
わかっているのは
次男のほう?!

ってか
どんだけ私をチェックしてるんだ!!

« »