大人になれなくて

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

子どもと毎日過ごしていると、
自分の時間がなくて
ストレスを感じたり
していませんか?

もっと自由な時間がほしい。
一人で静かに過ごしたい。
ゆっくり本を読みたい。
好きなテレビを見たい。

でも私はお母さんなんだから、
我慢しなくちゃ。

そんなことを思うなんて、
私はまだまだ大人じゃない。

そんな風に、
自分の時間を求める自分に対して、
NOと言っていませんか?

私も昔は
そう思っていました。

親なんだから、
自分の時間なんて、
そんなこと求めてはだめなんだ。

子育て中は
自分の時間がなくても
我慢しないと。
だってみんなそうやって
やってきているんだから。

そして、
ストレスを感じる自分自身に
罪悪感を感じたりしていました。

確かに現実は、
子どもがいると
自分のことは後回しになってしまって、
ゆっくり過ごすこともできないし、
自分のために
時間をつくることが
とても難しかったりします。

けれど、
自分の時間がほしい。
と願うことを
してはいけないわけではない。

お母さんが
笑顔でお母さんであるためには、
子どもに振り回されない
自分の時間を
どんな時でも持つ工夫を
していいし、
罪悪感を感じずに
それを実行していいと
私は思っています。

いいお母さんって、
自分を犠牲にして
すべての時間を家族に捧げている人ではない。
いつも笑顔で
包容力があって、
すべてを受け止められる人ではない。

子どもに対して
わがままを言ってもいいし、
自分の時間を
優先することが
あってもいい。

感情的になってもいいし、
たまには怒りすぎたっていい。

だからって
お母さん失格にはなりません。

自分の中にある、
お母さんではない部分、
否定せず、そのままで
受け止めてあげてくださいね。

« »