これが次男のやり方

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

次男の中間テストが
先週の金曜日から始まり、
彼は毎朝
寝不足でフラフラになっています(苦笑)。

どうやら、
帰宅後夕食くらいまで寝て、
一旦寝不足を解消し、
そこから
朝方まで勉強して、
数時間寝て
寝不足のまま
学校に行ってテストを受ける。
というパターンを
確立したもよう。

それでも
中学の時とは違い、
朝はなんとか起きてくるので、
偉いなぁ
と思って見ています。

長男はいつも、
帰宅してすぐ勉強し、
時には
「眠くなるから」
という理由で、
勉強が終わるまで
晩ごはんを食べなかったり、
とにかく早めに勉強を終わらせて、
できるだけいつもの睡眠時間は
確保する人でした。

やり方は
人それぞれ。

いくら私が
「こうした方がいいよ」
と言っても、
決めるのは
子ども自身なので、
いろいろ考えた結果、
そうしているのなら、
それはそれで
見守ろうと
思っています。

寝不足で
フラフラのまま
テストを受けるより、
勉強して
しっかり寝て
記憶を定着させるほうが
いいような気がしますし、
検索好きの次男なら、
そんなことぐらい
すでに知っていると
思われますが、
それでもこのスタイルを
選んでいるということは、
彼には彼の
理由があるのでしょう。

おかげで
彼とは生活時間が
ズレてしまい、
会う時間が激減しましたが、
彼は彼なりに
これからのことを考え、
一生懸命勉強しているみたいなので、
しばらくはこのまま見守ろうと
思っています。

「高校って行かなあかんの?」
と言っていた次男。
「高校出たら就職する」
と言っていた次男。

どうやら今は、
進学する気持ちになったみたいで、
そのためもあり、
勉強を頑張っているようです。

目の前に目標を置き、
揺るがず一直線に向かって
ひとつずつクリアしていく長男と、
様々夢は変わるけれど、
いつもその夢のために、
今の行動を決めて
自分でどんどん行動していく次男。

どちらも
自分らしく前に進んでいるなぁ。

おかんは見ていて思います。

私にできることは、
あれこれ私の判断で
口出しすることではなく、
彼らが「手伝って」「助けて」
と言ってきたときだけ、
求められた手助けをしたり
アドバイスをすること。

ある意味放任で、
ある意味過保護です(笑)。

テストは今週いっぱい
続きます。
それまで次男の
気力と体力が
続きますように。

« »