失敗しても学習しません

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

子どもの携帯って
どうしてこんなに
トラブルが多いんでしょうね~。

4月に次男が
携帯を紛失したと思ったら、
今度は長男が、
自転車に乗っていて
ズボンのポケットに入れていた
携帯を落とし
画面がバッキバキに
割れました。。。。

長男から私あてに、
「携帯の画面、やばい割れ方した」
「もうほんま、えげつないで」
とたびたびメールが入るのですが(ヒマなのか)、
携帯そのものなので、
写真を送ってもらうこともできず、
気になりつつ
用事を急いで済ませ、
夕方駅で待ち合わせ。

確かに
バッキバキでした(苦笑)
自転車であぜ道走っているときに
落としたそうで、
その状況を
とても詳しく話してくれるのですが、
おかん、上の空。。。。

数日携帯なしで
過ごすのも厳しいので、
町の修理屋さんに行って
修理してもらいました。

本人は
「これからは鞄に入れる」
って言ってたので、
さすがに今回は
学んだみたいですが、
毎回学習費が高くつきます(涙)。

さすがに
こういうことがあると、
学んでくれますが、
日々いろんなものを
ポイポイその辺に置いておいて、
「あれどこやっけ?」
と探すのは、
全く学ぶ気配なしです(涙)。

先日も、
時間のない中、
予備校にもっていく教科書を
探していたので、
「毎日探し物に使っている時間、
もったいないと思うけどなぁ」
と伝えてみたところ、
「わかってるー」
と返事はありましたが、
特に対策をしている風でもないので、
これは探し物で
時間がなくなったり、
遅刻ギリギリになっても、
学ばないパターンなんだ。
と思って見ています。

今後また、
解消できるようなアイデアが見つかれば、
提案はしようと思っていますが。

大人だって、
毎回同じ、ちょっとした失敗を
繰り返していること、
ありますよね。
「あぁ、またやってしまった。。。」
みたいな。

だから、
「失敗して学習しろ」
と思っても、
そうならないことも多いし、
学習しないことを
くどくどガミガミ
怒り続けても、
お互いストレスを
抱えてしまうだけなのかも
しれません。

よく同じ失敗をするときは、
「いつも同じ失敗をしているように見えるよ」
とまずその状況を伝えてみる。

そして、
「どうしたら、それを防げるのか」
を本人に考えてもらうと同時に、
こちらからも防げるアイデアを
提案する。
ただし、あくまで提案なので、
それを実行するかどうかは
本人が決めること。

ここまでやって、
あとは本人に任せる。
また同じ失敗をしたら、
再度この繰り返し。

「何回繰り返すのよっ(怒)!」
って思うかもしれませんが、
学習するスピードは
人それぞれで、
学習しないままのケースもあるので、
淡々と、その度に
対応していきます。

こうしておくと、
失敗の度に怒られて、
自分に自信を無くす。
ということは避けられます。

ガミガミ叱っても、
子どもは学ぶどころか、
恐怖心で叱られた内容が
耳に入っていかないか、
叱られないように
嘘をついてでも
その場を回避することを
学んでいきますし、
自己肯定感は低くなっていくので、
労力ばかりかかって
逆効果です。

それよりも、
「失敗しても対応できる自分」

時間がかかっても作っていける育て方、
始めてみませんか?

マンツーマンの
子育てコーチング講座では、
それぞれのご家庭に合わせた
接し方も含めて
お伝えしています。

自分が変われば、
子どもも家族も変わっていく。
そんな体験、
一緒にしてみましょ♪

« »