子育ての軸はどこにある?

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

朝起きたら、
扇風機がまわっていて、
その先には体操服。。。

次男でした。

おそらく昨日の夜中、
私が寝てから
体操服を洗濯に出していない。
でも明日は体育。
って気付いたんでしょうね~。

マンションなので、
深夜以降に洗濯機は
回さないのが
我が家のルール。

なので、夜中に洗濯物に気付いたら、
諦めて何とかするしかないので、
彼は消臭剤を山ほど振りかけて
扇風機で乾かす。
という方法を選んだようです。

これからプールの時期なのに、
ちょっとこの先が
思いやられるおかんです。

私がいつも気をつけていて、
声をかけることができるのなら、
こういうことは
起こらないのかもしれませんが、
そもそも私自身が、
次男の体操服事情にまで
気がまわるほうではなく、
「急ぎの洗濯物があるかどうか」を
確認することすら
覚えていない日が多いのです。

長男のときも、
それで夏場は特に
大変だったので、
次男とどうやって乗り切るか、
一度話をして
決めておこうと思っています。

子育てのやり方は
それぞれ。
人がうまくいった方法が
自分にもうまくいくとは
限りません。

私がブログに書いているのも、
あくまで
「私の場合」であって、
同じことを別の親子間でやってみて、
ちゃんとうまくいくのか、
ストレスなくできるのか、
と言えば、
そうでもないと思っています。

基本的な
子どもを尊重する。
とか、
子どもを信じる。
という部分は
同じですが、
そのベースの上に、
具体的にどうかかわるか、
どこまでかかわるか。
は、
それぞれなんです。

同じ子育てであっても、
気質の組み合わせも異なりますし、
環境も違う。
目指しているところも
違うでしょう。

なので、
最終的には
自分の我が子への接し方は、
自分で探して決めていくしかないと
思っています。

その際必要なのが、
どんな子育てをしたいのか、
自分はどんな親でありたいのか、
という軸の部分。
ここが定まっていないと、
フラフラと
いろんな方法を試して
方向性の落ち着かない子育てに
なってしまいます。

その子育てで、
自分は笑顔で子どもと向き合えるのか、
納得して子育てできるのか、
継続して続けていけるのか。
しっかり考えて、
子育ての方向性を
決めていってください。

どこにそれがあるのか、
一人では考えられないときは、
カウンセリングでお手伝いしています。

あなたの軸は
どこにありますか?

« »