自分の子育てのやり方を考えていますか?

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

「火曜日の午後、人が来るからリビングの私物を片づけて!」

日曜の朝、
私が子どもたちに送った
メッセージです。

普段は、
リビングに
彼らのモノがあっても、
少々は目をつぶっているのですが、
月末には完全にリセットするのが
今年に入ってからのお約束。

でも今月は、
インターネットの宅内工事のため、
明日の午後に
来客があり、
少し日程を前倒しして
片づけてもらうことにしました。

こういう時、
私だったら
「片づけて―」
で片づけをスタートさせることが
できるのですが、
子どもたちは
理由や情報が必要な気質を
持っている人たち。

「いつまでにしてほしいのか」
「なぜ今なのか」
きちんと説明があった方が、
動きやすいのです。

以前はそれを知らなくて、
「片づけてー」ばかりを
連呼していましたが、
一向に動く気配もなく、
疲れ果てていたおかん。

そうだったんです。
私と彼らでは、
「動くきっかけ」が
全く違っていたのです。

親と子の気質が違うと、
こういうことが
起こりやすくなります。

「なんで」動くのか。
という部分が
全く異なるからですね。

逆に
親が理由や情報を必要としていて、
子どもが「まず動く」人だった場合、
くどくどと説明している親の言うことを
全く聞かない子に困る。
ということになるでしょう。

パターンの違う相手に
自分のパターンを押し付けても、
トラブルになったり、
思うように行動してくれなかったりで
ストレスは大きくなります。

自分のパターンを押し付けるのか、
相手のパターンを学び
それに合わせて接してみるのか、
どちらがいいと
一概には言えません。

どちらにも
自分にとってのプラス面と
マイナス面があり、
その大きさはひとそれぞれ。

より自分が今も、この先も、
笑顔でいられる方を選択するのが
いいと思います。

いろんな情報に振り回されて、
手あたり次第に取り入れ、
何が何だか分からなくなっていませんか?

自分自身はどうしたいのか、
どんなやり方でやっていくのか、
まずはしっかりそこから考えましょう。

自分を含む
家族全員の気質を把握し、
それを知って
自分の接し方や行動を
見直すもよし。

自分の中で分析し、
作戦をたてて
接するもよし。

相手の気質云々は
とりあえずおいておいて、
自分のやりたいやり方で
頑張ってみるのもよし。

どれが正解で、
どれが間違いなんて
ありません。

今うまくいかなくても、
この先そのおかげで
いい方に進むことだってあります。

大事なのは、
今目の前の問題に
一生懸命自分の頭で考えて
自分を信じて
その通りに
行動してみること。

自分の心に素直に、
勇気をもって動いてみること。

一人では
変われる自信がないときは、
おかんがお手伝いしますので、
いつでもご相談くださいね。

家族の気質診断や、
ご自身がどう行動するか、
どう接するかを考える、
個別カウンセリングや、
接し方を学ぶ
子育てコーチング講座で
お手伝いいたします。

« »