我慢の限界

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

「どこ見たらいい?」

パソコンに向かっている長男が
たびたび声をかけてきます。

先日申し込んでいた、
東京でのライブチケットが
無事手に入り、
友人と2人で
上京するための
バスを申し込むために
彼は慣れないパソコンと
格闘中。

前回、春に東京に行ったときは、
私が代わりに
バスの手配はしたのですが、
今回は本人にさせようと
任せてみました。

普段パソコンなんて
さわらないからか、
特性なのか、
画面に出ている
文字を
すっとばして読んでは、
「どこにあるん?」
「これ押していい?」

ほぼ30秒おきに
お呼び出し。

洗い物ができませんがっ(怒)

普段まずしないことなので、
当たり前なのは
頭ではわかっています。

落ち着いて
隅から隅まで
読んでみることが
苦手なのも、
頭ではわかっています。

もちろん最初は
笑顔で対応していました。

でもね
でもね・・・・

ずっとは無理

おかんにも限界は
あるのです。

それでも、
大バトルにならなかっただけ、
まし。

よく頑張った、私。

我慢も忍耐も、
最初から
長くできるものではありませんし、
最後までできるものでも
なくていい。

いつもより
ちょっとだけ長く
できるようにトライしてみる。

日々その繰り返しです。

どんな時なら
できるのか、
どんな時には
できないのか、
どうしたら、
もうちょっとできるのか、
いろんなことを考えながら、
やってます。

できるパターンがわかれば、
できるだけそのパターンに
なれるように
やってみます。

できないパターンがわかれば、
できるだけ避けるように
してみます。

自分にとって、
何が不快で
イライラするのか、
何があれば
笑顔でいられるのか。

できない自分を責めるよりも
できることはたくさんあります。

一人では
できなくても、
おかんと一緒になら、
もう少しできることが
あると思います。

いつもお子さんにイライラして、
我慢することもできなくて
しんどくなっていたら、
一度相談してみてくださいね。

« »