子育ての、悩みは尽きない

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

期末テストが終わり、
昨日は夕方から
がっつり寝ていた次男。

夕食に
起こしても起きないので、
彼の分だけ置いておいたら、
私が寝る頃起きだして、
食べてました。

そして
また寝たようで、
睡眠が十分とれたからか
今日はいつもより早くから
起きていました。

あれだけ
朝起こすのに
苦労していた次男ですが、
高校に入学してからは
ほとんど起こすこともなく、
たまにあっても、
1,2回声をかける程度で
自分で起きて支度を始めるので、
毎日30分もかけて
闘っていた日々は
一体なんだったんだ?
と思うおかんです。

あのころは、
どうしたら起きるのか?
に悩み、
毎日あれこれ
やってみたり、
本人と話してみたり、
していましたね。

すんなり起きられるようになると、
今度は
私がブログを書いている最中に、
「朝ごはんつくってや」
と声がかかるのが、
ちょっとしたストレス(苦笑)。

私にだって
朝の自分なりの
時間配分があるんですけど、
中断を強いられることも
しばしば。

今朝も、
ブログを書く合間に、
洗濯機だけ回しておこう。

PCの前を立ったとたん、
もういいのかと勘違いした次男に、
さっそくオーダーされました。

どうやら、
登校前の支度を
すべて終わらせて
できた時間で、
以前私が頼んでいたイラストを
描こうと思ってくれていたらしいのですが、
言ってくれなければ、
おかんにはわからない。

けれど
子どもって、
言わなくてもわかるやろ。
ってどこかで思っていたり
しますよね(`ε´)

知らずに、
時間があるなら。
と思って
「リビングにある私物片づけてくれない?」
と言ったら
かなりムッとされました。
「オレ、イラスト描こうとおもってたのに。
待ってるんやろ。」

確かにそうでしたけどね、
知らんがなっ!

そんなこんなで、
起こすという悩みが
ひとつ減れば、
また別のことが
悩ましくなってきて、
なかなか
すっきりさわやかな朝とは
行かないのが現状。

でもね
親子とはいえ、
自分とは全く
考えも行動も違う人と
一緒に暮らしているのだから、
いろんなことで
違いを感じたり、
ムッとしたり、
悩んだりする、
それが現実なんだと
思います。

悩みは
消えてなくなりはしない。
けれど、
悩みがある。
という状態が
普通なんだったら、
今の状態は
別に困ったことではなく
当たり前の日常。

悩みを消す。
ということに
必死になるより、
次々と出てくる
「自分にとっての」問題に
どう向き合うのか、
どううまくかかわっていくのか。
を考えた方が
いいように思っています。

まるで
一生続く
ハードル競争のようですね。

実は人生って、
障害物のない道はなくて、
絶えずいろんな
障害物やハードルを
越え続けているものなのかも。

だったら、
ありえない道を探すより、
笑いながら飛んだり越えたり
して走っていきたい。
そんな風に思っています。

そんな次男とのやり取りを
普通レベルの声でやっていたら、
目を覚ました長男から
朝ごはんのリクエスト。
こっちもかっ!
と思ったけれど、
「いつ食べる?今すぐ?」
と聞くと、
「7時でいいよ」
と言ってくれる長男。
ってか
また寝てるし!!!
(その状態で朝ごはんとか言うな)
おかん、心の声が漏れそうになりましたわヾ(。`Д´。)ノ

« »