夏休みの過ごしかた

本格的に
夏休みが始まりましたね!

もう息子たちは
高校生と予備校生なので、
夏休みだからと言って
手がかかることもないので、
私は相変わらず
普通の毎日です。

起きる時間も、
その日何をするのかも、
完全に本人任せ。

長男は夏期講習で
普通にお弁当持って
予備校通い。

次男は、
友達との遊びの約束やバイト、
あれこれぎっしりと
予定が詰まった
夏休みになりそうです。

小学生の頃は、
子どもたちは学童保育へ。

夏休みの宿題を
どれだけ早く終わらせられるかに、
毎日必死でした。

私自身が
8月31日に
毎年徹夜で終わらせて
学校にもっていく。
ということをしていて、
こんな風にだけは
させたくない!

という一心で、
一学期の終業式の日には
夏休みの宿題の全量を確認し、
前半で終われるような
スケジュールを組み、
毎日夜には
出来上がりをチェックする毎日でした。

完璧にスケジュール通りには
毎年できなかったけれど、
途中からは
私が言わなくても
夏休みの宿題をもらったら
自分で計画を立て、
さっさとこなすように
なりました。

もう大丈夫だと、
私がチェックをせずに
完全に彼らに任せるようになってからは、
やっぱり
日々継続する。
ということができなかったりで、
提出日前に
必死ですることも増えましたが、
それでも夏休み最初の数日間は、
がむしゃらに宿題をしているので、
完全に手付かずで
夏休みの最終日を迎えることもなく、
ここまでやってきました。

普段宿題をしていくことがない次男が
夏休みの宿題は
きちんと取り組むのには
驚きでしたが(笑)

夏休みの宿題も、
それ以外の日常のことも、
最初はしっかり関わって、
あれこれ教えながら
手伝いながら
子どもにやり方を教え、
次第に直接的な
関わりを減らし、
子ども自身が自分で考えて行動する方向に
持っていき、
最後は
何も言わずに見守るだけにする。

試行錯誤を繰り返しながらも、
そうやって
あらゆることを
子どもたちに任せてきました。

なので
夏休みが来ようと、
私の毎日は
彼らの行動を
おおまかに把握するだけで
あとは普段の毎日と
ほとんど変わらない。

昔は
規則正しい生活を
させなければ!
と頑張っていた時期も
ありましたが、
部活があれば、
言わなくても生活のペースはできますし、
それがなければ、
少々崩しても
また学校が始まれば
しんどいながらも
戻っていくので、
今は完全に彼ら任せ。

そんな状態が
もう数年続いています。

今年からは、
お昼を彼らが自力で
考え準備するように
しました。

おかげで私は
自分の仕事に専念できるようになり、
本当に
いつも通りに過ごしています。
任せた以上は
口出しもせず、
完全に彼らに任せています。

早く自立して
一人暮らしをしたい次男も、
もしかしたら
来年から
一人暮らしをするかもしれない長男も、
とくに文句は言わず、
過ごしています。

やればできるものですね~。

« »