次男の一大プロジェクトが始まりました(涙)

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

ただいま我が家は
引っ越しか?
というくらい
家の中がすごいことに
なっています。

というのも、
次男が
「モノを減らし、
和室で暮らしたい!」
と言い出し、
それを実現するべく、
モノの処分と大移動が
始まったため。

本当は、
日曜日にする予定で、
前々から本人にも伝えていたはずなのですが、
本人は31日と思っていたらしく、
ゲームを選び、
日曜はおかんのみが
リビングやキッチンの断捨離と掃除を
していたのでした。

こういう時に、
絶対に意見を曲げず、
自分の思っていた日程でしか
動かないあたり、
相当な頑固者だと思われます(ふぅ)。

そしてその31日も、
昼間自分ひとりで
動き出したものの、
和室のモノの多さに、
簡単にギブアップ。
夜に私とともに
再開しました。

これがまた大変で、
途中からお互いケンカ腰(苦笑)。
日曜なら私も元気で、
やる気もあったのですが、
昨日からまた日常が
スタートしていて、
体力も気力も
すでに失われつつあるため、
どうも頑張れません。

それでも、
この状態にしては、
頑張ったほうだと思うのですが、
早々にギブアップしましたよ(私が)。

というわけで、
「和室を次男に」プロジェクトは、
この夏中かかりそうな予感。

でもね、
家族を巻き込んでの
こういうことも、
お互いのいい経験や
思い出になるなぁ。
と思いますし、
不可能なことなら
仕方がないですが、
できることなら
本人が考えて行動するのを
できる形でサポートしたいと
思うのです。

次男は次男なりに、
自分の持ち物や、
生活スタイルを
確立しようとして
あれこれ考えたり
行動しています。

私とは全く
好みも考え方も違うので、
いちいち驚くようなことを
言ってきてくれますが、
(小さいときはそんなことなかったし)
それが、次男。

私の型にはめて育てるのではなく、
次男は次男自身が決めた通りに
育っていきます。
それが目立ってきたのが
思春期の始まりで、
もう昔の素直で癒し系の次男ではなく、
まさに気質通りの人に
なりつつあります。

それは親にとっては
寂しかったり
大変だったり
するかもしれませんが、
一人の人を
大人にするために、
目の前の
自分とは違う人である
我が子を
その人らしく育てていくには、
通らないといけない道なのかも
しれませんね。

親ができることは、
子どもを理解し、
信じて見守り、
本当に必要なときにだけ
手や口を出すこと。

関わりの程度は、
子どもの気質によっても
変わってきます。

自分と子ども、
あるいは家族の気質を知って
よりよい接し方を
考えてみませんか?

8月の気質診断つきカウンセリングは
現在受付中です。
スケジュールはこちらから
⇒http://ameblo.jp/love-and-hug-kiyomin/entry-12294503259.html
お子さんを理解するために
知っておくと楽になる
お互いの気質。

それを踏まえて接することで、
夏休みのストレスを
減らしてみませんか?

« »