答えは子どもの中にある。

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

世界陸上のおかげで、
毎晩11時頃から朝まで
テレビの前で
過ごしている長男。

ちょうど予備校の夏期講習も
この期間、取っている授業がないようで、
自習も行かないと決めたらしく、
ほぼ昼夜逆転しとります(苦笑)。

我が家では
息子たちそれぞれが
自分で自分のスケジュールを
決めて自分で管理するスタイル。

私はおおまかに把握しておくだけです。
大事なのは、
「晩ごはんがいるかどうか」
くらいですかね。

起きる時間も本人任せ。
去年までは起こすのが大変だった次男も、
ようやく自力で起きられるようになり、
その日のスケジュールによって、
自分で決めて起きているので、
ここも完全に手が離れました。

なので、
夜中に活動しようが、
昼まで寝てようが、
いつ宿題をしようが、
特に何も言ってません。

私は私のペースで、
洗濯をし、
ごはんの支度をし、
仕事をし、
彼らが一緒にいるときは
会話をし、
日々穏やかに過ごしています。

今、私の役割は、
彼らが困ったときや
悩んだ時に、
呼びかけたら応えられる状態で、
スタンバイしていること。

あとは
基本的な生活を整えるための
家事をしているだけです。

8年前、
子育てコーチングを
学び実践し始めたころは、
彼らの生活すべてに
関わり口も手もだしていましたが、
彼らの自立を見据えて、
徐々に手を引き、
残っているのは、
気持ちの部分と家事のみ。

直接彼らにあれこれと、
言う必要もなくなりました。
必要なときだけ、
伝えることはありますが。

何を手助けし、
何を本人に任せるのか?

答えは子どもが持っています。

子どもに聞いて、
子どもを信じて
任せてみてください。

人は、
信じて任せてもらえたら、
力を発揮していきます。

当たり前ですが、
最初からうまくはいかないかも
しれません。
みんな最初の一歩は
そんなもんだったはず。

それでも、
頭でわかっているなら
任せてやらせてみた方が、
力はつきます。

子どもの試行錯誤を
しっかり見守り、
その成長ぶりを、
本人にも伝えつつ、
一緒に成長していきましょ。

そのためにも、
ゴールをいつにするのか、
どんな状態をゴールにするのか、
今はどのあたりまで来ているのか。
把握は大切。

今日からお盆休み。
いつもと違う時間の流れの中で、
これからの自分の子育てのステップを
考えてみませんか?

自力では難しい。
という方は、
カウンセリングをご利用くださいね。

 

頼んでもいないのに、
朝5時半に、
「世界陸上の200メートル決勝が始まるよう!」と
起こしにきてくれた長男(苦笑)。
きっとこの場面を
一人で見るより、
家族で分かち合いたかったんだな~。
次男は、どれだけ揺すっても
起きなかったらしいです(笑)。
おかげでリアルタイムで
サニブラウンくんを応援できました。
頼んでなかったけど(しつこい)ありがと。
ただいま7時。
長男これから就寝です。

そして次男の目覚ましが
鳴り始めました。

« »