思春期の子どもに勉強させるには

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

「勉強しなさい」
このセリフ、
もう長いこと言ってないなぁ。。。

改めてブログを書くために
思い出そうとしたのですが、
どのくらい言ってないか、
はっきり覚えていませんでした。

たぶん、今から4年前、
長男が中学3年生の時に
言ったのが最後な気がするのですが。

というのも、
「勉強しなさい」
なんて言って、
思春期・反抗期の
子どもが勉強するわけがないので。

でも、中学・高校になると
勉強をしていないのは
気になるんですよね~親としては。

のんびりゲームしたり
テレビを見たりされると、
親の方が焦ってしまったり。。。

思春期・反抗期の子どもにとって、
一番嫌なのは、
「○○しなさい」
と命令され、行動を押し付けられること。

ほんのちょっと
「やろうかな」
という気持ちが芽生えていたとしても、
「しなさい」
と言われたとたんに、
やる気は消滅。
「お母さんが言うからやる気がなくなった」
な~んて、逆ギレされることも。

この時期の子どもに限らず、
人ってだいたい
命令されて動くのは
好きじゃないはず。

じゃあどうしたら
勉強してくれるのか?

それは、
自分で「勉強しよう。」
と思って行動するから。

では、
どうしたら自分から
「勉強しよう」
と思うようになるのか?

それは、
「なぜ今勉強することが必要なのか」

ちゃんとわかっているからだと
私は思います。

それも、
「普通、みんな高校には行くでしょ」
とか、
「大学くらいは行っておかないと」
などどいう
「当たり前」感覚の理由ではなく、
「自分は何をしたいのか?」
「そのために今すべきことは何か?」
という自分への問いかけの
答えの一つとして、
「勉強」が出てきたときや、
「今、勉強しておいたほうがいい」
という理由がちゃんとある場合。

「今の成績を下げたくない」
という理由も
あるかもしれませんが、
それが理由になる子もいれば、
ならない子もいます。

長男が進んで勉強し始めたのは、
行きたい高校が決まったときでした。
高校時代勉強していたのは、
最初のテストが思いのほかよく、
嬉しくて、その順位を下げたくなくてでした。
その後も継続して勉強できたのは、
将来の目標や大学に行きたい。
と決めたからでした。

次男は
そもそも「高校に行きたい。」
という気持ちがなかなか出てこなかったため、
なかなか勉強しようという気持ちに
なれませんでした。
ようやく志望校が決まっても、
そんなに頑張らなくても
合格圏内に入れたため、
結局高校受験では
ほんの少ししか勉強はしていません。
高校に入り、
ようやく将来の夢が見えてきましたが、
今彼が勉強するモチベーションは、
担任にバイトの許可について、
あれこれ言われたくないためです(爆)。

彼らが
将来の夢を見つけるたびに、
話をします。

「○○になりたい」
「じゃあそのために大学に行く必要がある?」
「うん。」
「じゃあまずは、○○になるために、
どこの大学を目指すのか、
見ておこうか」
「お母さんに何か手伝ってほしいことある?」
「パソコン貸して」

「○○大学を目指そうと思う」
「そこに行くためには、
どのくらい成績を上げる必要があるかな?」
「推薦も狙うつもり?」
「勉強するのに、塾は必要?それとも自分でする?」
「友達がどこの塾に行ってるのか聞いてみて考える」
「問題集買ってほしい」

私の役目は、
彼らがそこへ向かう道筋を、
彼らの力で見つけるために、
必要な問いかけをすること。
そして、
私が助けることは何かを、
彼らに聞くため。

そして、
彼らの「○○したい」「○○になりたい」
は、
彼らが自由に考え、いろんな経験をし、
その中から感じたことを、
いつでも安心して私に話せる環境を
作っておいたからこそ、
私が聞くことができたのだと
思っています。

それから、
親の見ていないところで
「勉強してる」のは
信じてあげてくださいね。

「しなさい」と
ガミガミ怒っていると、
それから逃れるために、
本当はしていないのに、
「してる」と言ってしまうことも
ありますが、
強制していないのに、
見ていないところでしているのなら、
それは本当だと思います。

息子たちも、
私の見ている前では
あんまり勉強はしていません。
私がいない昼間にしている子もいれば、
日中遊び倒して、
夜中にしている子もいます。
溜めてから一気にやるパターンもあります。

本人たちが、
「今何をすべきか」
がわかっているなら、
そこもうるさく言わなくていいところです。

今なにも将来の夢が見つかっていなくて、
行きたい道が見えない子どもに、
「なぜ勉強したほうがいいのか?」

ちゃんと納得できるように
説明できますか?

親自身が、
「親に言われるままではなく、
自分の意志で勉強して
今の自分がある」
ことを
しっかり子どもに
見せられていますか?

今も自分の夢を持ち、
日々生きている姿を
子どもにちゃんと見せていますか?

« »