怒る私

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

子どもの行動に
イラっとして、
つい怒りを爆発させてしまうことって
よくありますよね。

子育てコーチングを学び、
日々実践していたとしても、
そこは人間。

理性のみで
生きていけるはずもなく、
たまにはおかんも
爆発することがあります。

そんな怒りを感じるとき、
あなたの怒りは、
何が原因で
出てくるのでしょうか?

目の前の子どもがやっている、
行動そのものでしょうか?

その行動自体が許せなくて、
怒りが出てくるのでしょうか?

それとも、
その行動によって、
自分のペースや予定を
変えざるを得なかったこと
に対して
怒りが出てくるのでしょうか?

昨日の私は、
子どもたちの行動というより、
それが原因で、
待ちぼうけを食らったことに対して、
怒り、
それを吐き出す。
という行動につながりました。

もともと次男に
必要な物があり、
夕方6時に帰宅と同時に
車に乗せて
買い物に行く。

と朝約束していたのですが、
その時間ちょうどくらいに
本人から電話があり、
「いつ帰る?」
と聞くので、
「今家の前に着いたよ」
と伝え、
私はそのまま
マンションの玄関前で
次男が出てくるのを待っていました。

けれど、
いくら待っても
次男は出てきません。
いつも、準備が遅くて
なかなか出てこないので、
今日もそうなのかと思い、
20分くらい待ち、
あまりになので
電話をすると、
「忘れてた。もう自分で行くからいいわ。」
という返事。

「いつ帰る?」の電話は、
別の目的で
かけてきたようなのでした。

約束のキャンセルは、
別によくあることなので、
構わない。

けれど、
夕方の忙しい時間に、
20分も車で待たされたことに対して、
すっかり腹が立ち、
帰宅するなり
ひと言言わせていただきました。

そして
急いで晩ごはんの支度を
していたのですが、
夕食後に友達と会う約束を
入れていた次男から、
「ごはんまだなん?」
と聞かれたその一言に
急かされている感を感じ、
「誰のせいで遅くなっていると思ってるんだ!」
が出てきて、
二度目の爆発となりました(あはは。。。。)

子どものとった
それぞれの行動については、
「どうかな?」と
思うこともあるけれど、
それをすることが
私の怒りのポイントなのではなく、
行動によって、
自分自身がどう扱われているか。
に対して不満を持つと、
怒りになる。

ということが
見えてきます。

私は、
子どもに対して、
怒ってはいけない。
とは思っていません。

親だって人間。
我慢ならなくて
怒りを爆発させてしまうことも
よくあります。

ただ、
そういう時でも、
自分が何に怒っているのか、
は、ちゃんと見るように
しています。

こんなに待ったのに、
そのもったいない時間が嫌。
こんなに待ったのに、
あっさりとキャンセルされたことが嫌。
急いでいるのに、
急かされたことが嫌。
自分の都合だけしか
考えてないように
見えることが嫌。

怒りの原因は
自分の中にありました。

自分の望むように
はこばなかったこと。
気持ちをわかってもらえて
いない気がしたこと。

それが嫌だったんだ。
それが許せなかったんだ。

あぁそうなんだ。
だから私は
怒りを出したんだ。

だからと言って、
そんな自分を責めないし、
怒りを出したことを
後悔もしていません。

ただ、
ちゃんと怒りの中身を
見ておくことで、
出せば怒りは収まりますし、
他の余計な記憶を呼び覚まし、
さらに怒りに包まれることも
ほとんどなくなりました。

なんで怒りがあるのか
わからなくて怒っている頃は、
ただその感情だけに
支配されて、
ありとあらゆることが
怒りの対象になり、
過去の怒りまでも引き出して、
もう自分では止められないくらいの
怒りの塊に
なっていましたけれど、
今はそこまで出てこない。

怒りは、
出してはいけないことではなく、
実際にある感情のうちのひとつで、
感じたときに
出したってかまわない。
怒る自分を
責めずに受け止めること。
自分で自分を
認めること。

そうやって
時間をかけて少しずつ、
ありのままの自分を
受け止めてきました。

子育てコーチングは、
子どもに対してのみ
使えるものではありません。

学べば、
自分に対しても
セルフコーチングとして
使えますし、
子どもだけではなく、
自分の周りのすべての人に対して
そのスキルは使えます。

いい子育てをするため。
というより、
自分を自分のままで受け入れ、
もっといい形で
子どもを含む周りの人と
つながっていくために、
おかんと一緒に
学んでみませんか?

マンツーマンでの、
全12時間の講座は、
随時受け付けています。

また、
子育てコーチングの入り口を
体験していただく、
子育てコーチング1day講座の
開催リクエストも
受付中です。

あなたの子育てを
もっとワクワクするものに
変えていくヒントが
見つかるかもしれません。

 

 

« »