我が家の子育て・お金編

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

昨日は月末。
夕食後
長男が使ったお金の
収支を計算し始め、
その中で、
「これは家から出すよ」
と言っていた支払いの
清算も始めました。

予備校生で、
バイトもしていないので、
長男が使えるお金は
毎月のお小遣いだけ。

そのお小遣いを
月初めにもらうためには、
月末に収支を計算しないといけないのが
我が家のルールです。

とはいっても、
収支が合わなければいけない。
という要求は
していません。

「お金を出した日に
メモしておいた方がいいよ」
というアドバイスは
もう数え切れないほど
していますが、
長男はそれができなくて、
次男はやろうとおもったらできる。

なので、
「できる限り」の範囲で、
きちんと振り返る習慣のみに
しています。

私と同じやり方を
しなくてはいけないわけではない。
長男には長男のやり方があり、
次男には次男のやり方がある。

けれど、
お金の収支を
計算して振り返る。
ということについては、
必要性を話し、
サポートもしつつ、
自分で管理することを
学んでほしいと思っています。

これも経験なので、
何にどのくらい使うのかは、
本人たちに任せています。

本当に自立するまでの間に、
それぞれで失敗もしながら
学んでいってほしい。

今年分のお小遣いを前借して
ギターを買い、
4月以降はバイト代だけで
やっている次男については、
自分で管理して
やっていく力をつけてほしくて、
相談には乗りますが、
収支報告も求めていないし、
完全に任せた状態です。

夏休み
たくさんバイトで稼いだ月は、
使う方もたくさんだったようで、
「もうあまりお金が残っていない」
といってました(笑)

けれど、
将来、車を買いたい気持ちは
ずっとあるようで、
それを貯めることも
ちゃんと考えているようです。

私の役割は、
子どもたちがお金を使うことを
細かく管理するのではなく、
彼らが自分で考えて
使うお金を自分で管理するのを
サポートすること。

その役割の決め方は、
お金のことだけではなく、
勉強も
友達付き合いも、
進路のことも
すべてにおいて、
同じです。

ここをしっかりと
決めておかないと、
過干渉になって
反抗期の子どもたちと
ぶつかったり
してしまいがち。

子育ては、
やり方も大事ですが、
その前に、
親である自分自身を整え、
自分の役割を明確にして、
意識するところが
スタートです。

その部分から学べるのが、
連続講座の
「ハンサムおかんの
子育てコーチング講座」
です。

ただコーチングのやり方を
学ぶだけではなく、
親である自分自身を整えながら、
親子の気質を知り、
それに合わせた接し方を
自分で考えて
実践につなげ、
今よりももっといい親子関係を
築いていくことが
できるようになります。

親自身、
そして子どもが
それぞれ自己肯定を持ち、
信頼関係を築き。
自分で考え、
自分の力で
人生を切り拓いていけるように、
親も親の人生を
きちんと歩いていけるように、
というところを目指します。

11月スタート分は
満席になりましたので、
12月スタート分を
募集します。

子育てコーチングを学ぶ前に、
自分の心の余裕を
取り戻したい方、
抱えている気持ちを
整理して、
すっきりと子どもや家族と
向き合いたい方には、
継続のカウンセリングが
おススメです。

こちらも
12月スタート分を
募集します。

時間的に
合わせて3~4名しか
受付できませんので、
お問合せ・お申込みは
お早目になさってくださいね。

おためしの
単発カウンセリング、
子育てコーチング1day講座は
それぞれやってますので、
「どんなものかな?」
と思った方は、
こちらを受けてみてくださいね。

 

« »