子育てコーチングで自分を変える

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

子育てコーチング講座や継続カウンセリングを受けると、
自分が変わります。
そして、
自分が変わるから、
子どもも変わっていきます。

でも、
自分が変わるって、
自分の一体何がどうやって変わっていくのか。

これは私も体験してきたことで、
たくさんの受講者さまからも
お聞きするのですが、
学び、実践する前の状態は、
何も気づいていない自分がいます。

子どもに朝から晩まで
ガミガミ怒鳴っていても、
子どものことを否定していても、
子どもの言葉に反対ばかりしていても、
それが自分の育ってきたやり方だったり、
自分がそれしか知らず、
そうするものだと思っていると、
うまくいかなくても、
他に方法もないし、
変わっていくことはできません。

子どもにひどく反発されたり、
うまくいかなさすぎて、
「どうしたらいいんだろう」
「ほかに方法はあるのか?」
「このままではいけない」
と思い始めるのが
一歩目です。

そして次の一歩は、
どうしたら解決するのか、
調べ始める時。

自分で調べたり、
周りのうまくいっている人に聞いて、
「こんなやり方がある」
「こんな方法もある」
と情報が入り、
実際にそれを学んで実践する、
と決めるのが、
その次の段階。

そこから実際に
学びがスタートします。

時間とお金をかけて、
学び始めても、
すぐには何も変わりません。

日々いろんな問題にぶつかり、
本当にこの方法でいいのか、
本当に変われるのか、
不安や疑問ばかりが
出てくることも
あるでしょう。

次から次へと
問題が起こるとき、
それは、
自分が試されているとき
なのかもしれません。

「変わりたい」と願い続けるのか、
「変わる」と決めるのか。

ここで、
本気で「変わる」
と決めて、
どんな問題にも
逃げずに向き合うようになるのが、
次の一歩かもしれません。

周りの状況が良くなって、
自分が楽に変われることを
願うのではなく、
どんな状況の中であっても、
諦めずに必ず最後には
願っている状態に自分はたどり着く。と、
自分の心を決める。
ということです。

そのためには、
現実を受け止める覚悟も必要ですし、
自分はできる、諦めずに
願う状態に必ずなれる自分がいる。
と信じることも、
必要です。

これをしやすくするためには、
うまくいかなかったことよりも、
うまくいったことに
焦点をあてるクセを
つけていくようにします。

すぐにはうまくできなくても、
諦めずに継続する。
結局はその繰り返しです。

そうしているうちに、
自分で自分のことを
客観的にみられるように
なっていきます。

自分の本当の気持ちを
きちんと感じ、
そのまま受け止めていくこと。
そう感じる自分でいいんだ。
と思えるようになっていくこと。

ここが次の段階です。

そして、
十分自分の心を感じたら、
いろんなことに
気づけるように
なっていきます。

子どもの気持ち、
自分の気持ち、
子どものころの親の気持ち。

あぁそうだったんだ。
そんな風に感じているんだね。
もしかしたら、
こんなことを思っているのかも。

怒りでも反発でもなく、
ただただ
自分の気持ちや
子どもの気持ちを眺められるようになると、
子どもの言動ひとつで
イライラしたり
しなくなっていく自分に
たどりつけます。

ここでまた一歩の成長です。

こうして
自分自身を少しずつ
ステップアップさせていくと同時に、
コーチングで学んだ接し方を、
実際の子育てで
どんどん使って実践していく。

この両方ができるようになっていって
「自分が変わる」
ことを実感できるようになります。

子育てコーチングは
子どもに勉強をさせる方法ではありません。
自分の言うことを聞くいい子を
育てる方法でもありません。

自分で考え、行動できる子を育てるために、
まず、親自身が自分の力で考え行動できるように
成長していくためのツールだと
私は考えています。

何も考えずに
言われたことをしていたらできるものでは
全くありません。
自分の頭で考え、
実践しながら考え、
振り返って考え、
ひたすら考えて、
それを行動にしていくことを繰り返し、
その中で、たくさんのことに
気づき、学んでいくものです。

長い長い道のりです。
心が折れそうになることも
数え切れないくらい起こるでしょう。
本当にこれでいいのか
不安だらけの道のりです。
それでも「変わる」と決めて、
進めますか?

次の新しい自分を手に入れる。
もっといい親子関係を築く。
信じて見守る子育てが
できる自分になる。
その目標を達成するまで、
あきらめずに進み続けると
決心できますか?

本気で「変わる」と決めたお母さんを
おかんは全力で応援していきます。

« »