親の気持ち、子の気持ち

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

昨日の夜、
晩ごはんができる頃には
次男はぐっすり寝てました。

きっと
期末テストの疲れと、
その後も続く夜更かしで、
眠くなったのでしょうね。

何度声をかけても
起きないので、
仕方なく長男と二人で
先に晩ごはんを食べました。

昨日の夕食は
生の魚だったので、
「このまま朝まで寝てしまったら、
これは捨てることになるな~。」
と思うと、
もったいなくなって、
しばらくは
次男の様子をうかがっていたのですが、
起きる気配がないので、
食べました!

そしたら20分くらいして、
突然起きてきたので、
あたふたしながら
冷凍庫を探し、
なんとか別のおかずを作ってしのいだおかんです。

起きるのがわかっていたら、
食べなかったのに。

そもそも
夕食ができる頃に
爆睡してしまうなんて、
どういうつもり?

いろんな場面で
2度手間だよ。

自分の目線でだと、
文句ばっかり出てきます(苦笑)。

そしてこれを
そのまま口に出すと、
「そんなん知らんやん」
と言われ、
私だけではなく、
次男も機嫌が悪くなり、
一気にその場の空気が悪くなる。

これを今までに
何度繰り返してきたことか。

そりゃ、
次男にとってみれば、
「そんなん知らんやん」
だよな。

私が夕方
帰宅したときは
起きていたけれど、
そこからごはんの支度が
スタートしたし、
途中長男の用事で
しばし中断したし。

たまりにたまった
寝不足で、
ベッドに乗ったら
眠くなったんだろうな。

昔はあれこれ言ってしまってから、
あとでやっていた、
子どもの気持ちを考えること。
今は文句を言いたくなると、
先にそっちを
考えるようになりました。

眠かったんだから
しょうがないよね。

ここんとこ、
勉強と遊びで
忙しかったしね。

きっと毎日夜中まで
起きてたんだろうね。

声をかけたけど起きなかったのも
わざとじゃないしね。

でもお腹が空いてたから、
そのまま朝まで寝ずに、
起きてきたんだよね。

ま、いいか。

私は声をかけたし、
ごはんもつくった。
廃棄はしたくなくて、
ちょっと先走って、
おかずは食べてしまったけど、
それもその時の判断としては
しょうがなかった。

もっといい方法が
あったかもしれないけれど、
あの時の私にとって、
精一杯判断して動いた結果がこれなんだから、
しょうがないや。

文句を言わなければ、
良く寝てすっきりしたのか、
テレビを見て笑っているし、
とりあえず大急ぎで準備したごはんを、
文句も言わずに食べてくれてる。

穏やかなこの空間があるなら、
これでいいや。

私は、
何が何でも
ごはんの時間になったら
たたき起こして、
きちんとご飯を食べさせて、
思うとおりにならなかったら、
文句の一つもいって、
気分を悪くさせて、
すさんだ空気の流れるリビングを
作りたいわけではない。

それよりも、
思うようにはいかないけれど、
なんとか対応していて、
私も子どもも
笑顔になれるリビングの空間を
作りたいと思う。

目的がどこにあるのか、
そして、
相手の気持ちはどうなのか。

自分の気持ちには
蓋をせずに
そのまま認め、
でも周りにぶつけず、
相手の気持ちも
同調することはないけれど、
しっかり受け止めて、
自分も相手も過ごしやすい空間を
作っていく。

子育てコーチングで得たものは、
自分と家の空間を
穏やかにしてくれました。

あなたとあなたの家の空間は、
今、穏やかになっていますか?

« »