我が家のクリスマス

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

今日はクリスマス。
朝から
サンタさんからのプレゼントで
お子さんのテンションMAXなおうちも
たくさんあるのでしょうね~。

我が家はもはや
クリスマスという行事は
存在しません(笑)。

息子たちが
小さい頃は、
12月になるとツリーを飾り、
イブの夜は
クリスマスパーティ―。
子どもたちが寝てしまったのを確認して
ツリーの下に
隠しておいたプレゼントを置き、
クリスマスの朝は、
まずはこっちがテンションMAXで
子どもたちを起こし、
プレゼントのところまで誘導し・・・

今こうやって
書きながら振り返ると、
毎年よく頑張っていたなぁと
思います。

最初は車のおもちゃだった
クリスマスプレゼントが
レゴになり、
そしてゲームになり・・・

長男が小学校の高学年になるまでは、
うっすらとは疑いつつも、
サンタを信じてくれていた様子でした。

朝リビングにある
ツリーの下のプレゼントを見て、
「サンタさん、どこから入ったのかなぁ?
煙突ないのにね!
あ!窓のカギがかかってない!
おかーさーん!きっとここから
サンタさんは入ってきたんだよ!」
なーんてことを
話してくれたりもしたっけ(遠い目)。

けれどある年、
長男がサンタさんに頼んだプレゼントが
おかんの手違いにより、
発注ミスとなり、
タイトルは同じだけれど、
違うゲーム機のソフトが届き、
慌ててア○ゾンで
再度お取り寄せ。

もはや取り繕うことも
めんどくさい、いやいや、うまくできずに
サンタの本当の姿が
バレてしまったのでした。

子どもたちは冷静に
現実に対応し、
翌年からは
サンタではなく、おかんに
プレゼントを発注。

おかんも
予算枠を伝えて
その希望を受けるなど、
クリスマスは
誕生日と並んで
自分の欲しいものを
おかんに買ってもらう日に
なってしまいました。

それでも
ツリーを飾ったり、
クリスマスだから。
という理由で
ご馳走を並べて
気分を楽しむことは
していたのですが、
数年前におかんの懐事情により
クリスマスプレゼントは廃止。

毎年飾っていた
クリスマスツリーも、
去年から出さず、リース一個だけ。

ご馳走の並ぶ食卓も、
今年はイブの夕方になり
突然思い立ち
ケン○ッキーに走るも、
駐車場整理のおじさんに
「予約はされてますか?
予約以外のチキンは売り切れです」
とにこやかに言われ、
駐車場をそのまま軽やかに通過。

それでもすでに
頭と口がチキンになってしまっていたので、
いつものスーパーで
とりあえずチキンをゲット。

今年のイブの食卓は、
昨日のカレーと
チキンという
「いつものやつやん!」
的なものになりました(笑)。

しかも次男は
友達の家に遊びに行き
そのままそこでピザをご馳走になっていて
不在。

長男と二人、
メリークリスマス!
と言う言葉もないまま
ただ食べるいつもの夕食。

もはや
完全に世の中のクリスマス気分から
置いてけぼりにされた
今年のイブでした。
ま、もう乗ることも
ないでしょうけど。

それでも、
子どもたちが小さい頃の
たくさんのクリスマスの思い出は
しっかりと残っているので、
それでじゅうぶん満足しているおかんです。

冬休みということもあり、
いろんなところに連れていって、
イルミネーションを楽しんだり、
本当にたくさんの時間を
過ごしましたから。

子どもたちにとっても
楽しいことが続く、
クリスマスからお正月の
この時間。

できるだけ笑顔で、
一緒に楽しい時間が
過ごせるといいですね!

« »