私とは違う長男の感覚

こんにちは!
ハンサムおかん☆きよみんです。

次男の次は、長男。

相変わらずの
我が家です(苦笑)。

朝食に、
何を食べる?と聞くと
「ぜんざい!」

というので作ったら、
中に入っているお餅だけ食べて
「ごちそうさま!」
という長男。

残ってるやろ!

聞くと、
「お餅の乾燥した触感が嫌で
ぜんざいと言っただけ」
だそうで、
だから
ぜんざいでコーティングされたお餅は
食べたけど、
残りのぜんざいは食べません。
だって。

味覚や触覚に
独特の特性がある
長男らしい答えですが・・・

許しまへん!

そこは
「いいよ」
とは言えなかった。

「これは食べるものだから、最後まで食べて」
「え~もう汁だけやん」
「だからそこも食べるんだよっ(怒)」

押し問答の末
しぶしぶ完食してくれました。

彼の味覚や触覚を
否定はしません。

私と違う感覚なんだ。
ということも
十分わかっています。

でも、
残していいとは言わなかった。
だってこれは食べられるから。

どうしても苦手で
食べられないものは
無理に食べさせたりはしません。

それは
身体が拒否していることも多いし、
それを食べないからといって、
命にかかわることもないから。

私にだって、
食べたくないものもあるし、
それでいいと思っています。

食べてほしいものは、
親が美味しく食べること。
その様子を見せること。
それでも食べられないものは、
無理に食べさせたりしないだけ。
いつか食べられたらそれでいいし、
一生食べられなくても構わない。

気づけば長男はトマト以外、
次男はほとんどなんでも
食べられるようになりました。

そして、
ようやく彼らは
自分の食べる量が
わかってきたようです(今かっ!)

 

 

 

★おかんの子育てコーチングワンポイントレッスン★

「子どもの話を聴く理由その3」

子どもの話を

遮らずにしっかり聴くことで、

どんないいことが得られるのか。

続きは明日の朝8時に

メルマガ・LINE@で配信します!

登録はこちらから

<メール>

PC:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/thread11.htm

スマホ:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/sp/thread11.htm

<LINE>

友だち追加数

 

« »