車の中で哲学を

年末年始ほとんど休みもなく、
今年も2日から予備校が始まっている長男。
いよいよ明日で、講習も終わり、
自宅学習に入ります。

インフルエンザやノロをを警戒してか、
混雑したバスには
乗りたくないというので、
できる限り
送り迎えをしています。

行き帰りの車の中は、
いつも楽しいおしゃべりの時間。

テーマはいろいろで、
その日あったこともあれば、
将来について語ることもあり、
15分くらいの間なのですが、
とても深い話ができることもあります。

昨日のテーマは
彼が今、見たくて
録画してみている、
NHKの番組のこと。

AI(人工知能)を通して、
人間とは何かを考える番組です。

彼はこの番組が
とても気に入ったらしく、
見るたびにその内容を、
彼目線で詳しく話してくれます。

それはもう、
夢の話や箱根駅伝と
同じくらいの熱量で。

前回など、
「あまりにも良かったから、見せてあげる」
と、
帰宅後
録画したものを見せてくれました。

私、そこまで求めていなかったんだけど(苦笑)。

でも、
そんな風に
キラキラと目を輝かせて
好きなことの話をする長男が
好きなので、
ありがたく付き合っておきました。

今回は
話の内容が哲学的になり、
人間とは何か、
人間の進化とは何か、
どこに進化の分岐があって、
これから人間はどこに向かっていくのか。

延々と話してくれる長男。

運転しながら
必死で頭をぐるぐる回転させ、
くらいついていきましたよ(バレないように)。

もはや、コーチングとか、
「聴く」を越えて、
1対1の真剣な「対話」。

大変だけれど、
彼が今、喜んで話をしてくれるのは、
どんなテーマに対しても、
しっかり受け止め、聴き、
私は私の意見を話し、
対等に話をしてきたからだと
思っています。

たまには
お互いの主張が平行線になり、
楽しい車内が
修羅場になることも
ありますが、
それでも
違う意見があることを受け止める。
という姿勢は
ちゃんと見せるように意識をしているので、
長男も少しずつ
そういう対応がとれるように
なってきたようです。

子どもの話を聴く。
から始まり、
対等な、違う意見を持った
大人同士としての会話が
子どもたちと
できるようになったことは、
私にとって
ものすごくうれしいことだし、
そういう会話を通して
子どもたちの考えも
わかるようになるし、
信じて見守ってあげられるようにも
なりました。

子どもの話を聴く、
子どものことを認める、
これができるようになると、
親子関係は大きく変わります。

これがどんなものかは、
講座でしっかりお伝えしています。
皆さん確実に
変化し、成長していかれます。

一緒に
「産んでよかった」
と思える子育てを
目指していきましょ!

 

 

 

★おかんの子育てコーチングワンポイントレッスン★

「子どもの話を聴く前に その3」

子どもの話をしっかり聴くために

意識しておく3つのこと。

最後のひとつは・・・・

続きは明日の朝8時に

メルマガ・LINE@で配信します!

登録はこちらから

<メール>

PC:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/thread11.htm

スマホ:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/sp/thread11.htm

<LINE>

友だち追加数

 

« »