次男とドライブ

昨日は夕方から実家に
新年のご挨拶。

朝から電車で
先に行っていた次男と、
夕食後に車で一緒に
帰ってきました。

両親や弟家族に見送られ、
実家の前を離れたとたんに
始まる次男の歌声。

音楽は彼だけが
イヤホンで聞いているので、
私にしてみれば、
次男の声だけが響く、
まるでジャイアンのリサイタルのよう(涙)。

恐ろしいことに、
そのリサイタルは
家に着くまで約1時間ちょい、
続きました(ちょっとした地獄絵図)。

寝てくれ~。
と祈っていたのですが、
一睡もせず、
全力で歌い続けてくれましたよ。

でも、
慣れてきたら
その騒音、いや歌声も、
BGMになるんですねぇ。

最初は気になっていたのですが、
途中からは
運転に少しは集中できるように
なりました。

なので、
やめてくれとか
次男には言ってません。

多分言えば、
声の音量を絞るか、
やめて寝るか
してくれたとは思いますが。

比較してあれこれと
本人たちに言うつもりは
全くありませんが、
次男と車で走るとき、
長男と車で走るとき、
それぞれ全く違っていて
面白いです。

長男は起きてたら、私としゃべる。
次男は起きてたら、歌う。

長男は音楽を私にも聞かせてくれる。
次男はほぼ、イヤホンで聞いている。

長男はおりてから割と荷物を
自分から持ってくれる。
次男は渡せば持ってくれる。

駐車場からマンションまで歩き、
エレベーターに着くと、
長男は待っていてくれる。
次男は勝手に上がっていってる。

どっちがよくて、
どっちが悪いなんてことは
ありませんが、
つくづく「違う」んだなぁ。
って思います。

そもそも違うんだから、
同じように接することが
いいことだとは
言いきれないと
私は思っています。

上の子のときにはこうしたから、
下の子にもこうしなければ。

ではなく、
基本的な部分は同じだけれど、
上の子はこういうタイプだから、
ここに意識しよう。
下の子はこういうタイプだから、
ここに気をつけよう。

は、
あっていい。

子どもたちから
「扱いが違う」
と言われても、
ちゃんと説明ができる部分は、
それで構わないんです。

一方ばかりに
比重のかかった接し方でなければ。

あなたの接し方は、
どうですか?

 

 

 

★おかんの子育てコーチングワンポイントレッスン★

「子どもの話の聴き方 その1」

子どもの話を「聴く」にはどうしたらいいのか。
一つずつ解説していきます。

続きは明日の朝8時に
メルマガ・LINE@で配信します!

登録はこちらから

<メール>

PC:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/thread11.htm

スマホ:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/sp/thread11.htm

<LINE>

友だち追加数

 

« »