余計なひとこと

長男が
ようやく落ち着きを
取り戻したと思ったら、
今度は次男が風邪で
体調を崩しました。

次から次へと
おかんは本当に
心休まらず。

昨日の朝、
珍しく次男が
声をかける前に起きてきたと思ったら、
「風邪ひいた。学校休む。」
と言ってきました。

昨日は学校で実力テストの日。
去年は中間テストの時に
体調不良で学校を休んで、
届け出とか補習とか
いろいろ大変だったので、
「大丈夫?」
と聞くと、
「再テストあるから大丈夫」
という答え。

確認済みかいっ!

放課後は
バイトが入っていたようで、
「自分で電話して休む」
と言います。

「いくら高校生のバイトで、
体調不良は仕方がないとしても、
急に休まれるとみんな困るだろうし、
体調を整えておくのも大事なんだよ。」
と、
ついひと言余計に
言ってしまうおかん。

バイトはこれが
初めてではないし、
そんなことくらい
本人もわかってるはずなのに。

以前だったら、
そこから延々と
あれこれ昔のことまで
引っ張り出しながら、
もっと説教していたと思いますが、
つい言ってしまっても、
ひと言で踏みとどまれるようになったことは
成長だな。
と思います。

今回はしんどかったからか、
反論もせずに
黙って聴いていた次男でした。

いくら子育てコーチングを学んで、
実践を心がけ、
頑張っていても、
いろんな状況で
思うとおりには
できない時も多いです。

こうやって、
突発的に起こることもそうだし、
自分の忙しさや体調不良で、
感情のコントロールが
難しくなることもある。

うまく接することが
できなかったとき、
その理由を探ったら、
そこからは自分を責めずに、
次はどうするか、
そのために今できることを
考えてくださいね。

今はまだ、
うまくできなくてもいい。
次の機会に
ちょっとでもうまく対応できるようになるために、
どう言えばいいかな。
どう接するといいかな。
自分がどんな状態なら
うまくできるかな。

失敗して、
反省して、
どうしたらいいか考えて、
また実践。

子育ては
ひたすらその繰り返しなのかも
しれませんね。

 

 

 

 

 

★おかんの子育てコーチングワンポイントレッスン★

「認めることと、ほめること」

子育てコーチングで大切な、
「聴く」と「認める」。

うまく使えるようになるためのポイントを、
メールマガジンで解説中!

子どもを認めるために必要な、
自分自身の心構えなどを
ひとつづつお伝えしています。

続きは明日の朝8時に
メルマガ・LINE@で配信します!

登録はこちらから

<メール>

PC:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/thread11.htm

スマホ:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/sp/thread11.htm

<LINE>

友だち追加数

 

« »