病院に行く?行かない?

おととい、昨日と
体調不良のため
学校を休んだ次男。

昨日休んだら、
病院に行く。
と本人とは約束していました。

けれどこの時期、
下手に体調が良くない状態で
病院に行って、
逆にインフルエンザを
もらってこないとも限らないし、
高熱が出ているわけでもないと、
連れていこうかどうか
迷いますよね。

ただ、
学校にも
2日連続の欠席で、
インフルエンザが流行っていて
そうではないか
気にされていたので、
「今日は病院に連れていきます」

欠席の連絡時に
伝えていたこともあり、
さすがに二日連続で
風邪のような症状が続いていると、
「行って薬をもらったほうが
いいのかも」
と思ったりもします。

迷ったあげく、
「体調のことは、
その本人に聞いて、どうするか決めてもらう」
を実行しました。

夕方、
「体調はどう?
病院に行こうか?」
とメールすると、
「昨日よりマシなってきてるし、大丈夫かとー」
という返事。

安心して、
夕食の支度をしていたら、
「やっぱり熱でてきたかも」
と言い出す次男。

だから言わんこっちゃない

同時に
なぜ彼が
病院行きを渋っていたのかも
わかりました。
「インフルエンザの検査されるかなぁ」

確かにあれ、
できればうけたくない検査のひとつだ。

でももう
そんなこと言ってる場合ではないし、
さすがに3日学校休んで、
病院に連れて行ってないとは、
学校に言いづらい。

時計を見ると、
かかりつけの医院の
受付終了10分前!!
諦めて「行く」と決めた次男は、
「今からシャワーしてくる」

なんだって!!

あと10分!!
急いだって間に合うかどうか
わからないやん!!
明日は病院休みなんやで!!

時計と次男を
交互に見ながら
叫ぶおかんに、
それまでテレビを見ながら
状況を見ていた長男から、
冷静な一言が。

「電話しとき」

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

そうだった。。。。

受付終了2分前に
電話でお願いしてみると、
「いいですよ。すぐ来てください」
とありがたい対応(涙)。

おかげで、
安心してぎりぎりに
いつもの医院に
駆け込むことができました。

結果は気管支炎。

熱もほとんど出ていないので、
インフルエンザの検査もなく、
次男もホッとしてました。

結局子どもの体調不良で
病院に行くかどうかの、
明確なルールはなく、
昔から今に至るまで、
いつも迷い、
時には行かずに後悔し、
時には行って後悔し、
そんなことの繰り返し。

受付時間や
休診日に阻まれ、
行きたいときに行けないことも
多いわけで、
いつでも
「この判断で正しかったのか」
は付きまといます。

正しいかどうか。だけで、
自分の対応の仕方を
振り返ることはできないし、
そんな答えは
いつまで悩んでも
出てこないでしょう。

結局、
その時その時に、
自分の精一杯の判断をして、
結果がどうであれ、
「私はこうしたんだ」
という事実を
ただ受け止めておくしか
ないのだろうと
思っています。

いよいよインフルエンザが
本格的に流行し始めましたね。

焦って熱が出てすぐに
病院に行き、
まだ検査しても反応が出ないよ。
と言われて
二度行く羽目になったことを
懐かしく思い出します。

それも、
その時の私としては、
一生懸命考えた
結果の行動。

結果的には
二度手間になったけれど、
「行こう」と決めた自分を
間違っていたと
責めるつもりもない。

子育てって、
そうやって
迷い迷い、
ウロウロしながら
いろんなことを学び、
親も子も成長していく
そのプロセス全体のことを
言うのでしょうね。

 

 

 

★おかんの子育てコーチングワンポイントレッスン★

「子どもの言うことを全部認めてしまって、
わがままになりませんか?」

子育てコーチングで大切な、
「聴く」と「認める」。

うまく使えるようになるためのポイントを、
メールマガジンで解説中!

子どもを認めるために必要な、
自分自身の心構えなどを
ひとつづつお伝えしています。

続きは明日の朝8時に
メルマガ・LINE@で配信します!

登録はこちらから

<メール>

PC:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/thread11.htm

スマホ:https://24auto.biz/hansamu-okan/touroku/sp/thread11.htm

<LINE>

友だち追加数

« »