子どもの自立に必要なこと

子どもが自立していくために、
必要なことって
何だと思いますか?

私は、
「自分の身の回りのことを
自分でできる」
掃除や整理整頓、お金の管理をすること、
「自分が食べているものに対する
知識を持つ」
栄養や調理について、
最低限の知識を持つこと、
そして、
自分の意思を
自分で言葉にして伝えること。

だと思っています。

そしてこれらは、
ある日突然
身につくわけではないので、
日常の生活の中で、
少しずつ教え、
できるようにしていきたいと
思うようになりました。

すべてを完璧に
できるようにする必要は
ないと思います。

けれど、
子どもが興味を持ったときに、
何度も繰り返し、
根気よく教えていくこと。
その力を育てていくことが
子育てではないでしょうか。

勉強ができても、
学歴をつけても、
それだけで自立はできません。

むしろ、
勉強しかさせなければ、
いつまでたっても
親は子の世話から
離れられません。

巣立った後、
自分で生活し始めてから苦労して、
教えてくれなかった親を
恨むことにもなりかねない。

生きていくための、
最低限の知識を身につけ、
そのうえで
自分のやりたいことを見つけ、
そこに向かって
努力や勉強をし、
自立していく。

まずは生活力、
生きる力。

けれどこれも、
無理やり強制しても、
子どもには伝わらないでしょうし、
逆にそういうことに
向き合うことが
イヤになるかもしれません。

普段の生活の中で、
子どもが興味を持つ機会をつくり、
親のしていることを見せながら、
少しずつ教えていく。

子育てって、
時間と手間がかかるもの。
面倒くさいからといって、
後回しにしたり、
向き合わないようにしていると、
どこかで困ることが
出てきます。

また、
この子はできないから。
と、勝手にできない認定するのも
考えもの。

どの子にも、
その子なりの力があって、
できることはたくさんあります。

この子はできない。
ではなく、
この子の中にある、
できる力を引き出すために、
どう伝えるかを考えること。

いつかできることを信じ、
見守り育てていきたいですね。

お子さんには、
生きていくための知識、
どのくらい伝えていますか?

« »