だから反発する

昨日の夕方、
ようやく次男の自転車を
取り戻し、
パンクの修理も終わり、
今日からやっと
自転車で登校できるように
なりました。

保管事務所に
電話をさせてからは
早かったですね。

土日は休みで
引き取りに行けないこと。

平日も5時に閉まるので、
それまでにしか行けないこと。

できれば4時半までには
来てほしいと言われたこと。

それらを確認し、
今から連れていってほしいと
言われたのが
昨日の3時半ごろ、
次男が学校から帰ってきた時間でした。

ここ数日、
身体測定とががあるため、
いつもより早めに下校できてたので、
助かりました。

「保管料は自分で払うわ」

あたりまえや!

「パンクの修理代は払ってもらえるん?」

出来ればご自分で。
と言いたいところだったのですが、
ここは交渉ののち、
おかんがしぶしぶ。

こういう交渉が次男は得意で、
悔しいけど、すごいと思います。

空気のない自転車で
2人乗りはダメですよ~
完全にチューブまでやられて、
えらい修理費がかかりました(涙)。

「今度からもうしない」

と約束はしてくれております。

なんやかんや言っても、
この一週間
車で学校だけでなく、
遠くのバイト先にも
送り迎えは
していたし、
今回修理費用も払ったし、
迷惑をかけた。
とは思っているようです。

こういう時も、
あんまり文句を言いすぎると、
逆に反発されて、
本当は悪かった。
と思っていても、
素直に悪かったとは
思えなくなるので、
おかんは淡々と
自分がすべきことをするだけ。

文句は1回だけに
とどめております。

他のことと同じで、
もうわかっていることを
あえて親から言われて
子どもの心の中が
穏やかであるはずは
ないのです。

反抗期は
子どもが何かにつけて
反抗したくなる時期ですが、
その原因を作っているのは、
親の声かけや
接し方にあるような気もします。
すべてではありませんが。

自分で反抗するような
原因を作っておいて、
反抗されたら
怒る。

もうそんな悪循環は
やめにしませんか?

子どもがわかっていることを
かぶせるように
言わない。
しつこく言わない。
子どもの気持ちを
無視したことを言わない。

自分だって、
そうされたら本気で嫌になるのは
わかるはず。

自分がされて
嫌なことは
人にはしない。

それは、我が子に対してであっても、
同じなのです。

あなたは、
自分がお子さんに対して
とっている態度、
自分に対してとられても
平気ですか?

大丈夫な態度を
取っていますか?

« »