夏休みの宿題の進み具合

お盆休みは
いかがお過ごしでしょうか?

我が家は昨日から、
息子たちが
父方の祖父母のところに
帰省していきました。

束の間のおひとりさまを
楽しもうと思っています。

長男は一週間くらい
向こうにいるらしいのですが、
次男は友達と
遊びに行く約束があるらしく、
明後日には帰ってくるのです。

昨日の朝、
出発の20分くらい前になって
やっと荷造りを
始めた彼ら。

長男なんて、
京都から帰ってきた
スーツケースそのままでの移動だからか、
家じゅうを駆けずり回って、
着替えや荷物を集めている
次男を横目に
優雅に朝食を
たべてました(笑)。

バイトや学校など、
遅れちゃいかんところは、
なんとか守るけれども、
そこまで厳しくないときは、
いつもマイペース過ぎる
彼らです(誰が育てた)。

まぁそれもよし。

最悪ギリギリでも、
間に合えばいいのだ。
(昨日の出発は15分遅れだったけどな)

着替えが何枚必要で、
あれも持って
これも持って、
あ!宿題も入れなくては!

ひとりでぶつぶつ言いながら、
荷物を集めていく次男。

そばで見ていて、
ちょっと聞いてみました。
「なーなー宿題って
どのくらいできてんの?」
「うーん、ま、提出日に間に合えば
いいんやって。」

ええ、そうですけど。

「ばーちゃんちでする予定」

うひひひひ
それってまだ全部は
できてないってことやんね。
もしかしたら、
手つかずかもしれない。

ま、いいんだけど。

別に責めるつもりもないし。

帰省中に
するかどうかは
わかりませんが、
そんなこと、もうおかんが
あれこれ言うことでもない。

小学生の工作のように、
おかんが準備しないといけないものも
ないし、
わからなくて教えて~
って来られることもない。

ぶっちゃけ
次男が提出日に間に合うかどうかすら、
どうでもいい。

そんなこと、
おかんには関係のないことで、
次男の問題だから。

やばい!
と思ったら、
徹夜でも何でもして、
やるでしょうからね。

おかん自身が
8月31日の人で、
毎年徹夜で仕上げて出していて、
その大変さを知っているから、
それも含めて
計画的に前半で
終わらせる気持ちよさは、
小学生の間に
教えてきた。

そして彼らは
しようと思えば
そうできる。

でも今、していないということは、
それを選んでいないということ。

だから、
彼らが自分の意思で、
夏休みの前半で終わらせようと
しなかったのであれば、
それをそのまま
尊重します。

どうぞどうぞ。
ご自由に。

嵐のように、
彼らが出ていったあと、
優雅にシャワーを浴びて
さておかんも出かけよう。
そう思って洗面所に
立ったのだけど。

 

 

 

 

 

ドライヤーを
持っていきやがった。

これから数日
自然乾燥のおかんです。

朝洗うのやめよう。
出かける予定に
間に合わない。

 

 

 

 

« »