靴下がない!part2

それは先週の
木曜日のこと。

登校準備をしていた次男が、
また騒ぎ出します。

靴下がない!

またか!
前回も大変だったんだな
https://ameblo.jp/love-and-hug-kiyomin/entry-12390419181.html

でも今回が
前回と違うところは、
救世主だった
白の靴下もないってとこ。

部屋じゅうひっかきまわして
出てきたのは
黒片方とグレー片方(微妙にアウト)。

それ以降も
見つかるのは
片方の靴下ばかり(なんかのコレクションか)。

この間
お盆玉もらって
アマゾンであれこれ
ポチってたけどさ、
化粧品買うくらいなら
靴下を買えよ。

もうそろそろ、
気づいて
整理整頓して、
新しい靴下
買いに行っても
いいんじゃないの?

おかんは心の中で思った。
そして、
会う人会う人に愚痴った。
いや、事情を説明した。

でもね。
おかんが代わりに
買いに行くものではない。

次男が自分で気づいて、
自分で買いに行って、
自分の服や靴下を
きちんと管理できるようになるための、
今はまだ
途中のプロセス。

こんなのを
まだ何回も繰り返しながら、
ちょっとずつ
成長していくもの。

人より遅くても、
人より手間がかかっても、
そんなことは
どうでもいい。

次男が
次男のペースで
少しずつ
学んで成長していけばいい。

新しいのを買ってから、
古いのを捨てる。

ってことも
学んだと思うし。

学校用が2枚じゃ足りない。

ってのも、
わかったと思う(たぶん)。

結局、
両方揃ってる靴下は、
洗濯機の中で
回っている最中だし、
素足で学校にもいけず、
黒とグレーで過ごすのも
絶対嫌。
ということで、
彼は学校を休みました。

「靴下がないので休みます。なんて、
おかん学校によう言わん。」

って次男に言ったんですけどね。

「いいよもう。
先生にLINEするから。」

だってー。

その手があったのか(驚)!

« »