アレが出ない!~ツッコミどころ満載の長男との2日間~

先週の月曜日、
10日ほど帰省していた長男が、
京都に帰っていったのですが、
それから数日、
全く音沙汰なし。

まぁこれは、
よくあることなので、
いいのですが、
帰省当日の夜に、
私が送ったメッセージを
未読スルー。

さすがに3日目になると
ちょっと不安になり、
「生きてるか?」
と再度メッセージを
送ったところ、
「うん」
という返事。

なら、既読くらいしてくれ。

一応生存確認ができたので、
まぁいいや。
と思って
再び大阪の自分の生活に
意識を向けていたら、
土曜日の昼頃に
突然長男から
メッセージが来ます。

「もう10日出てない」
「しんどい」
「なぁ」

ちょうど私は仕事中で、
すぐにメッセージを
確認できなかったのですが、
立て続けにメッセージと
不在着信も!

これは、ちょっと大変なんじゃないの?
と思って
急いで合間に
連絡を取ると、
「家に帰りたいから迎えに来て」
と言う。

電車にも乗れないくらい
しんどくなっているのか?!
と思って、
夕方京都まで
走りました。

長男の下宿の前に
到着すると、
向かいの電柱の影に
長男の姿が!!

先週、大阪の自宅に
髭剃りを忘れて帰ったために、
ちょい無精ひげ。

なんだかとても
やつれて青白く見えて、
「私の産んだ息子じゃない!」
ってくらい。

車に乗せると、
おかんの質問攻撃。

「お腹痛い?」
「痛くない」

「お腹張ってる?」
「そうでもない」

「吐きそう?」
「でもない」

え?

なんか、
少し前のやり取りの時と、
様子が違う・・・・

どうやら、
身体の具合が
ひどく悪くて
連絡してきたのではなく、
「10日間出てない」
という事実に
しんどくなって、
連絡してきたらしい。

「だってな、10日間やで!」

そこばかり強調してくる(苦笑)。

「ちゃんと食べてる?」
「あんまり」

「水分取ってる?」
「昨日の夜から意識してる」

それが原因じゃないのか(疑)?

仕方なく、
そのまま家に連れ帰りました。

本人は、
出てない事実に
胸いっぱいお腹いっぱいなので、
食欲もありません。

唯一食べられたのは、
コンビニのコロッケだけ。

おまけに近寄ると、
ちょっと臭いが・・・

「アンタ、お風呂入ってる?」
「うん。けど3日ほど頭洗ってない」
「なんで?」
「乾かすのがめんどくさい。」

「京都に戻ってから何してた?」
「別に何も」

ま、
男子の1人暮らしなんて、
こんなもんでしょうけど。

そしてその日は
出ないまま終わり・・・・

翌日、私は仕事のため
いつも通り出かけました。

そこに長男から
メッセージが。

「出た」

おおおお
出たのか!

ほっとするおかん。

「薬局でもらった薬のんだらすぐやった」

いやいやいやいや

薬持ってたんかい!

「じゃ、帰るわ。」

ええええええええええ!

ほんまにそれだけの用事やったんかい!!

しばらくして、
再び長男から連絡が来ます。

「京都の下宿に、大阪の家の鍵置いてきたから、
家閉められへん」

「閉めに行くから、そのまま出て」

そしてまたしばらくして
長男から着信。

「駅に行こうと歩き出したけど、
暑すぎて無理やから、ここまで来て」

最後の最後まで
ひたすら手のかかるやつ。

でも帰る前に、
今日の展開を
どうしても聞きたくなったおかんは、
急いで都合をつけて、
長男が待っている場所に
車で向かいます。

乗った瞬間、
質問攻撃開始。

「なんで、薬あるのに
家に帰ってきたん?」

「薬に頼る前に、
家なら出るかと思って」

「薬どうしたん?」

「近所の薬局に薬買おうと思って行ったら、
試供品くれた。
いやーよう効くわ。」

「じゃあその薬、
お守りがわりに買っとけば?」

「いや、いい。高いし。」

そう話す長男は、
ちゃんと頭も洗い、
ひげも剃り、
顔色もよく、
間違いなく、私の産んだ息子でした。

なんか、
あまりにも
振り回されすぎた、
あっという間の帰省でした。

駅のコンビニに行くというので、
その前で降ろして見送り、
そのまま仕事に戻ろうとしたら、
長男から電話。

「財布忘れた」

なんだと!

急いで家に
取りに戻らないと!

と思っていると、
もう一度電話が。

「助手席の床に落ちてない?」

よくよく目を凝らすと、
ありました!

茶色の財布は、
気づかないよ。

無事に届けて、
再び見送り、
やっと一安心して
家に戻ると、
歯ブラシと、試供品の薬の残りが
床に落ちてる!

「アンタ、歯ブラシと薬、
忘れてるよ!」

「それ、捨てといて。」

自分でしろーーーーー!

それが日曜日。

そして昨日、
保険証を失くした長男と
市役所で待ち合わせて
再発行と年金の手続きに。

こんなことなら、
そのまま大阪に
いればいいのに、
「着替え持ってきてない」
という理由で、
往復する長男。

保険証の再発行は、
もう2回目です(やれやれ)。

それは
お盆明けに行った
野外フェスで風邪をひいて
今回の出ない騒動で放置してたら、
悪化してしまい、
病院に行かないと!
となって発覚したもの。

おかんの考えとは
全く真逆のところで、
彼のペースで生きている長男。

おかんの考えに当てはめると、
本当にツッコミどころ満載で、
なんでこうなるんだ!
の連続だけど、
彼は彼なりに考えて、
ちゃんとやってるつもりらしいし、
それはそれで、
尊重しておこうと、
理解はできないままに
思うおかんでした。

まだ一人暮らしは、
始まったばかり。
この先の方が
長いのです。

きっとこれからも、
彼に散々振り回されることには
なると思うのだけど、
その時はもう大変で、
半分ブチ切れながらも
動いたりするのでしょうけど、
こうやって
数日たつと
笑って思い返して、
「頑張れよ」
って思える。

やっぱり彼の
力を信じているし、
いつかおかんのヘルプが
必要ないくらいに
成長して自立していくんだろうな。
と思うから、
今は
この時間を
やれやれ。
って思いつつ楽しんでおきます。

大学生は、
まだまだ夏休み。

いろいろあるだろうけど、
頑張れ。

« »