灰色の人生

あなたは、
自分のいいところ、
自分が頑張っているところ、
自分ができているところを
どのくらい挙げることが
できますか?

それを、
自分に対してだけではなく、
目の前にいる人に対して
自信を持って言葉で
説明できますか?

冷静に考えて、
自分のことを
どう思っていますか?

今の自分は、
うまくいっていると
思いますか?

自分のいい面が
自信を持って言えなかったり、
自分のことを、
どちらかといえば
否定的にとらえていたり、
今の自分が
あまりうまくいっているとは
思えないなら、
「ほめほめ」に
参加してみてください。

私たちは、
人前で自分のいいところや、
できているところを
堂々と言うことを
あまり良しとはされない環境で
育ってきたように
思います。

そして、
まわりのできている誰かと
いつも比べられ、
できない自分を
思い知らされながら
育ってきたように
思います。

そんな中でずっと過ごしてきたから、
どうしても、
自分の中の、
できていないことにばかり
目が行きがちで、
どれだけ頑張って、
結果を手に入れていても、
「自分はまだまだだ。」
「このくらい当たり前だ。」
といつまでも
自分を認めてあげられないし、
いつまでも
できない自分のままで
不安ばかりに
なっていることが
多いです。

だからつい、
「普通」にあこがれ、
「普通」になろうと
一生懸命になってしまうのですよね。

「普通」なんてものは、
存在しないのに。

そして、
その感覚のままで
子どもを育ててしまうから、
子どもの
できていないところばかりが
目についてしまい、
ほめることが苦手で、
できないところばかりを
見て責めてしまう子育てに
なっていく。

自分が育てられたように、
育ててしまうことで、
また一人、
自分に自信がなく、
自分を否定することが多く、
いつも不安で、
ありもしない「普通」を
目指してしまう人を
増やしてしまいます。

いつまでたっても、
幸せを実感できない子どもを見て、
親である自分も、
さらに幸せを感じることができないし、
頑張ってきたはずなのに、
私の人生って、
なんなんだろう。

結婚して、
子どもを育てて、
幸せになるはずだったのに。。。

これから先の人生が、
バラ色どころか、
灰色に見えてきたら、
とにかくまずは、
「ほめほめ」に来てください。

人生が輝き、
バラ色に見えるためには、
何か成果を手に入れなければ
いけないのでは
ありません。

子どもが自分の人生を
バラ色にしていくためには、
勉強ができる子、
いい子に育てなければいけないのでも
ありません。

今の自分のまま、
今のお子さんのままで、
それを「幸せ」だ、
「今のままでいいんだよ」
と感じる力を
手に入れて行く必要が
あるのです。

お母さんが、
自分自身を、
「今の私でこれでいい。
私は今の私が好き。」
と思えるようになれば、
お子さんのことも、
「今のあなたでそれでいい。
私は今のあなたが好き。」
と言えるように
なっていきます。

幸せは
頑張って手に入れるものではありません。

今自分がすでに、
その中にいることに、
気づくことで
手に入れられます。

それに気づいた瞬間、
世界は輝きだします。

胡散臭いことを
書いていると思われるかもしれませんが、
これは実際に、
おかん自身が体験してきたこと。

気づく前は、
頑張っても頑張っても、
全く報われた気がせず、
いつも焦り、
いつも不安で、
ただ走っていました。

笑顔をつくることなんて、
自分のためにも
子どものためにも
できなかった。

人前でだけは、
ちゃんと笑顔をつくって、
うまくやっているつもりだったけれど、
実際とのギャップは
あいていくばかり。

子育てでは、
子どものできないところしか見えず、
ここでも
不安と焦りばかりを抱えて、
いつでも苦しかったのです。

人生灰色どころか、
ほぼ真っ黒でしたね。

希望の光なんて、
どこにも見えないし、
もう自分の人生に、
希望なんて
残っているとは
思えなかった。

そんな日々を
過ごしていたのです。

それは、
長男が手のかかる子だと気付き、
発達障害だと診断を受けたころ。

自分自身は、
そこそこうまく
やれてきていると、
なんとなく自信も持って
生きてきたはずだのに、
子育てがきっかけで、
自分への自信が
どんどんなくなり、
先に不安しか
なくなってしまったあのころ。

そこから
たくさんのことを学び、
たくさんのことに気付き、
今のままの自分を認め、
これでいい。
って心の底から思えるようになったとき、
我が子への不安も、
この先の人生の不安も、
どんどん小さくなって、
あるけれど、
大丈夫。
って思える自分になっていくことが
できました。

幸せは、
今自分の目の前にあって、
自分は今その中にいる。

そうではない人なんて、
いないんですよ。

ただ、
気づいているか
気づいていないかだけ。

そして、
それに気づくために
必要なのが、
自己肯定感。

今のままの自分を
受け止めて、
大好きになって、
子どもを今のままで
受け止めて
大好きになって、
自分の世界と人生を
バラ色に変えていく。

その一歩を
「ほめほめ」で
踏み出しませんか?

2月開催の、
「ほめほめ」、
ただいま参加者さま受付中です!

お母さんが
自己肯定できれば、
お子さんを認めてあげることが
できるようになります。

そうすると、
お子さん自身が
自己肯定しやすくなり、
自分に自信を持って、
生きていけるお子さんに
育てていくことが
できるようになります。

発達障害があっても、
特性があっても、
人よりも敏感で
生きづらそうでも、
その子にしか生きられない
バラ色の人生が
必ずあります。

まずはお母さんが、
バラ色の人生を
手に入れることで、
お子さんにも
そんな人生を
手に入れてもらいやすく
なるのです。

自分をあきらめて、
子どもに幸せをつかませようとすると、
うまくいかなくなることが
多いですよ。

まずはしっかり
自分と向き合い、
そのままの自分を
まるごとOKにできることを
目指します。

これでもか。
ってくらいに、
ご自身と向き合っていただきます。

同じことを、
時間をあけて
2回、3回、
と繰り返していくことで、
自己肯定のスパイラルに入って、
どんどん肯定感は
上がっていきます。
なので、
再受講も大歓迎です。

開催は、
2月12日(火)と
2月17日(日)。
時間は午前10時半から午後3時まで。

場所は大阪市内を予定しています。

受講費は5,000円。
再受講の方は3,000円です。

参加された方の
ご感想はこちらから
https://ameblo.jp/love-and-hug-kiyomin/theme-10039680493.html

自分と子どもを幸せにできる、
お母さん自身の自己肯定。
しっかり手に入れて、
これからの人生を
変えていきましょ!

参加ご希望の方、
お問合せの方は、
メルマガに登録して、
おかんにメッセージをくださいね!

届いたメルマガに、
返信してくださればOKです。
返信しても、おかんにしか届きませんので
ご安心くださいね~!!

LINEで登録する方はこちら

友だち追加数

メールアドレスで登録する方はこちら

https://hansamu-okan.com/contact/

最近、携帯・PCともに、
こちらからの返信メールが届きにくいので、
LINEアカウントをお持ちの方はできれば、
LINEでつながってくださいね!

  

あなたにも、
世界の見え方が
変わる瞬間を
体験してほしい。

バラ色の人生を
手に入れてほしい。

そう願っています。

「ほめほめ」は、
高校生以上の人なら、
どなたでもご参加いただけます。

親子で、
ご夫婦で、
友達と、
ぜひ一緒に参加してくださいね!
お子さんとのご参加の場合は、
親子割、あります!

« »