見るのはどこ?考えることは、なに?

子どもの今目の前の
行動ばかりを見て、
怒ったり、
悩んだり、
していませんか?

確かに今だけを見てしまうと、
不安に感じることも
多いでしょう。

でも、
過去のお子さんの様子と、
今のお子さんの様子を
比べてみてください。

半年前、1年前には
できなかったことが
今はできるように
なっていたりします。

半年前、1年前には
言ってもわからなかったことが、
今はわかるように
なっていたりします。

それが、成長。

今がまだ、
自分の思う姿ではなくても、
少しでも成長しているところを見つけて、
その成長を、
認め、
言葉で本人に伝えたり、
ほめられるところは
ほめてあげたいと
おかんは思っています。

また、
今目の前の行動を
なんとかする。
というところにばかり
焦点をあてて
見ると、
それを正したり、
注意したり、
怒ったり。
という選択肢に
なりやすいのです。

ここから先、
どんな風に育てていきたいのか。
何を伝えていくのか。

ゴールを描いて、
そこから今に戻って、
今の対応を考える。

そういう思考を
身につけていくことも
大切だと考えています。

このままだと
もっと悪くなっていくかもしれない。
という不安に駆られ、
今本人にかける言葉が
さらに厳しくなるのとは
見ている先が
全く異なります。

見る必要があるのは、
子どものなってほしくない姿ではなく、
自分のなりたい姿。

考えるのは、
こうなったらどうしよう。
ではなく、
子ども自身がなりたい自分になるために。
あるいは、
自分自身がなりたい親になるために、
今、親として自分ができること、
自分がすべきことは何か。
です。

子育てって、
ゆっくり考える暇もなく、
日々に追われてしまったり
することが多いのですが、
できれば一旦立ち止り、
振り返りや、
未来を見る時間、
自分のあり方を考える時間を
持ってほしいと
おかんは願っています。

落ち着いて考えれば、
冷静に振り返れば、
おのずと自分がどうすればいいのか。
は見えてきます。

そんな時間が、
子育てコーチング講座や、
カウンセリングでは
手に入ります。

子育てのことを、
子どもから少し離れて、
おかんのサポートを受けつつ、
ゆっくり考え、
落ち着いて
子どもと向き合える自分を作る。

そんな一歩を踏み出したいあなたを
おかんは全力で
サポートしていきますね。

« »