子育てがうまくいかないのは、そこをゴールにするからかもよ。

先日
子育てコーチングで
一番大事なことは何か?

ということを
書きました。

そしてそこに、
ワクワクはあるか?

ってことも。

あれから
あなたの「こうなりたい!」
は、
ちゃんと見つかりましたか?

ちゃんとワクワクできましたか?

あなたが見つけた、
「こうなりたい!」

今一度
見返してみてください。

誰がどうなるって、
思い描きましたか?

あなたの人生の主役は、
あなた自身。

いくら子育て中でも、
そこは変わりません。

だからね。

子育てや
親子関係の
目指すところだって、
自分のこれからの
めざすところだって、
すべて主役は
「私」なんですよ。

「子どもが言うことを
聞いてくれるようになってほしい」
とか、
「子どもが笑顔でいられるように」
とか、
「子どもがちゃんと
自立してほしい」
とかって、
主語が子どもになってるものを
あなたのゴールに
していませんか?

自分以外の誰かが
変わることを
ゴールにしても、
それをあなたが
叶えることはできないんです。

残念ながら。

それは、
あなたには
どうすることも
できないことだから。

ゴールに決めていいのは、
あなた自身のなりたい姿だけ。

そして、
目指す自分になれたかどうかを、
子どもの様子で
判断もしないでくださいね。

子どもがどうであれ、
自分自身が
そのゴールに向かって、
真剣に
一生懸命取り組めたら
それでいいことだから。

おかんだって、
最初から
息子たちをこんな風に育てようとか
おもってやっていたわけでは
ありません。

子どもたちと接するのに、
子育てコーチングという、
いいやり方がある。

これを学んで使えるようになり、
自分自身が
子どもたちに対して
胸を張って生きていける大人になろう。

親と子ではなく、
人と人として、
ぶつかり合い、
寄り添い合い、
生きていける人に
私がなろう。

そう思って、
全力でやってきて、
たどり着いたのが今ココ。

結果、
息子たちがどうなったか。
ではなく、
自分自身が
この10年
出来る限り精一杯
努力してきたのは事実だし、
そのことにおいては、
全く後悔していません。

子どもがどうなるか。
は、
自分がどう生きていくのか。
を追いかけた結果、
見えてくるだけのものであり、
自分がコントロールできるものでは
ないんだな。

つくづく
そう思います。

どうか、
子どもがいい方に変わることを
ゴールにしないでください。

それよりも、
今よりもっといい自分を目指して、
ひたすら自分を信じて、
前に進んでください。

きっと、
後悔よりも、
満足感の多い人生と
親子関係が
手に入ると思いますよ。

« »