幸せがいっぱい

先日の朝、
車に乗ったら
ラジオから懐かしい曲が
流れてきました。

!!音が出ますからご注意くださいね!!

今でも曲に合わせて
歌うことができるほど、
歌詞も頭に入っています。

その歌詞のある部分が、
とても耳に残りました。

「幸福は誰かがきっと
運んでくれると信じてるね
少女だったといつの日か
想う時が来るのさ」

そうそう。
本当にその通りだと、思う。

まだ大人になりきれてない頃は、
ずっとそう思っていた。

結婚したら。
子どもが生まれたら。
転職したら。
子どもがいい子になったら。
子どもが発達障害じゃなかったら。
子どもが病気じゃなかったら。
お金持ちになったら。

幸せになれる?

いいえ。

幸せになれるかどうかを、
他人や環境に委ねている時点で、
その幸せは、
本当の幸せではないってことです。

幸せは、
誰も運んできてはくれません。

いい環境に身を置けば
幸せになるわけでもありません。

子どもがいい子なら、
親である自分が
幸せになるわけでもありません。

幸せは、
今いる環境の中で、
自分でつかむもの。

結婚も、子どもも。転職も、
幸せを与えてくれるものではなく、
その中で自分がどう生きて、
自分の手でどう掴むか。

本来の子育てコーチングは、
子どもをいい子に育て、
その結果
自分が幸せになるものでは
ないのです。

もちろん、
コーチングスキルを使うことで、
子どもを
自分で考え行動できる、
自立した子に育てることは
できますし、
その結果、
子どものことをうまく手放すことも
できるようになるでしょうから、
そういう子育てができて幸せ。
には
なれるかもしれません。

でも、
コーチングの効果はもっと深く、
子育てに使えば使うほど、
自分自身をより成長させてくれる
ものとなります。

自分自身で
自分の生き方を整え、
思考を整え、
今の状況をありのまま受け止め、
自分を認める。

その中で、
自分の力で
自分を幸せにできるツールと
なってくれます。

他人や外的環境によって
手に入る幸せを
幸せだと勘違いしないように。

自分を肯定し、
今いる環境に感謝して、
自分で自分を幸せにできる
大人になりましょ。

子育てコーチングや「ほめほめ」は、
そのお役に立てるはずですよ。

« »