やっぱり、愛だ!

思うんですけど(突然)。

子育てだったり、
家族関係だったり、
人と人の関係性って、
間に愛があるかないかで、
楽しさも、
しんどさも、
変わってきますよね。

当たり前すぎるくらい、
当たり前のことですけどね。

そこは当たり前なんだけど、
じゃあ
どうすれば、
親と子の間、
家族の間、
人と人との間に、
愛を持てるかってことは、
なかなか答えが
見つからなかったりしませんか?

おかんも長い間、
この答えを
探していたんですよね。

勝手に、
溢れるくらいある間は、
こんなこと、
考えたりしないのが、
人間。

なくなりそうになったり、
なくなって初めて、
焦って、
どうすればいいのか
考えだすもの。

でもそもそも
普段から考えていなかったので、
結局目の前で愛情が
どんどん減っていき、
失くなっていくのを
眺めているしかない。

そんなことが、
多いように思います。

また、
自分自身はそこに、
一生懸命愛情を
注いでいるつもりなんだけど、
相手側に
それを受け取る気が
あるんだかないんだか、
とにかく
うまく受け取ってもらえない。
なんてことも、
起こりますよね。

なんだか
1人で空回りして、
一生懸命愛情注いで、
自分はカラカラになって
干からびそうになってたり。

最後の一滴を
ふり絞ったら、
もう終わりで
どこをどう頑張っても、
どれだけ振っても、
もう何も出てこない。

そんな状況になることだって
あるわけです。

辛いですよね。

悲しいですよね。

むなしいですよね。

何度もそんな経験をして、
ようやくおかんがたどり着いた結論。

それは、
とにかくまず、
自分自身に愛情を注ごう。

でした。

もううすうす
気づいてくださっていた方も、
多いと思いますけどね(笑)。

結局、
自分自身を自分の力で、
愛で満たさなければ、
人に愛は注げないのです。

自分を満たすことなく、
自分がカラカラになるまで
誰かに愛情を注ごうとするから、
同じだけの愛情を
相手から注いでもらわないと、
自分が干からびる一方に
なっちゃうんですよね。

だから、
見返りなんて
求めてしまう。

私だけ。
なんて不満が出てしまう。

そりゃそうですよ。

自分は満たされてないんだから。

自分を自分で満たしつつ
誰かに注がないと、
あっという間に
枯渇するんですよ。
愛って。

あと、不思議なことに、
自分で自分を満たすようにしていると、
そのうち相手の人が、
勝手にこちらを
満たしてくれるように
なったりします。

絶対ではないけど。

人によるけど(爆)。

だから、
あんまり期待しないように。

でも、
くれくれ星人にならず、
心から喜んで
愛情を注いでいると、
いつかちゃんと
それは返ってくるように
なってるのかもしれないな。
って思います。

収支は、
相手と自分の間の
ギブアンドテイクで
あわせるのではなく、
自分の中で
あわせていくもの。

それが、
愛なんだと
最近おかんは
思うようになりました。

そして、
子どもがどうの、
とか、
仕事がどうの、
とかいう前に、
自分自身を自分で満たして、
自分自身を好きになって、
自分自身を愛して、
まずは自分が幸せになることに、
全力を注ぎました。

そしたら、
子どもにも、
仕事にも、
他人にも、
注ぎたいだけ愛情を注いでも、
全然苦しくならない。
しんどくならない。

だって自分は、
いつでも自分の力で、
満たされていますからね。

そしたら
心の余裕も出てくるから、
少しくらいのこと、
「いいよいいよ」って
子どもに言えたりするんですよ。

そしたら、
それが言えた自分が
また好きになったりして。

だから第一歩は、
とにかく自分を
ほめて、
好きになって、
愛情をたっぷり
注いであげてください。

自分が喜ぶような状態の家に住み、
自分が喜ぶようなパターンの生活をして、
自分が喜ぶようなご飯をたべて、
自分が喜ぶことを毎日してください。

全部はすぐには
叶わないかもしれないけれど、
それを目指し、
諦めなければ
必ず叶います。

叶っていないのは、
途中であきらめちゃったからなのさ。

願いは、
死ぬまであきらめちゃダメなのさ。

子育てと家事と仕事で
頭がいっぱいのみなさん。

心配あるかもしれないけど、
まずは一旦置いといて、
自分を癒して、
自分を緩めて、
自分を休めて、
自分を喜ばせてください。

甘いものたべることだけが、
友達と愚痴を言うことだけが、
温泉にはいることだけが、
自分を喜ばせることじゃ
ないからね。

お金を使わなくても、
あんまり時間を使わなくても、
自分を喜ばせる方向に
進めていくことは、
できます。

心が満たされれば、
不必要にお金を使うこともなくなり、
本当に心から欲しいものが、
手に入ります。

こんな人生の第一歩も、
おかんと一緒に目指せますよ。

自分の人生も、
子育ても、
立て直して
もっといいもの、手に入れましょ。

« »