一年前を思い出しました

昨日の夜、
そろそろ寝ようかと
思っていたところに、
速報が飛び込んできました。

一年前のあの日と、
全く同じ日に、
まさかまた
こんなに大きな地震が起こるなんて。

どうやらそれは、
次男も同じ思いだったようで、
しばらくして
部屋から出てきたので、
少し一緒に、
リビングでテレビをつけて、
話をしていました。

大阪では、
16日、17日と、
ごくごく小さな揺れで、
気づかなかった人が、
ほとんどだけど、
地震がありました。

あの日を思い出して、
ちょっと気になっていたところです。

阪神大震災以降、
日本中あちこちで、
大きな地震が
起きているように感じます。

来たらやだな。

なんて思っているだけでは、
済まされませんよね。

またきっと
来るだろうから、
それに備えて、
日々を過ごすことを
改めて感じさせられました。

この一年で、
我が家では、
倒れてきたら困る、
大型で背の高い家具を
手放しました。

グラス類が
全部床に落ちて、
粉々になったので、
落ちたら困るものを
これからも持ち続けるのかどうか、
持っているのなら、
どこに置くのか、
考え直しました。

それでも持つと決めたものは、
対策をできる限り
講じていくことにしました。

どれだけやっても、
完璧はありませんが、
意識して家の中を
見渡すことで、
少しでも被害は
減らせると思っています。

それに、
自然災害は、
地震だけではないことを、
この一年で
改めて思い知ることになりました。

台風や大雨での
被害も
想像以上に大きなものでした。

高い防災セットを
買うだけが、
備えではありません。

日々の生活の中で、
いつも意識の片隅に、
「あるかもしれない。」
という怖さをを置いておくこと。

一瞬にして、
家族を失うことだって、
あるかもしれないのです。

だからこそ、
しなくていい後悔は
できるだけなくしておきたい。

そんな気持ちからも、
子どもたちと過ごせる時間は
大切にしようと
考えています。

自分の
ちょっとした頑固な想いや、
偏った考え方のせいで、
自分から距離を作るようなことが、
ないように。

いつも、
もう二度と会えないかもしれない。
くらいに思って、
大切に過ごす。

今一緒にいられることの
有難さを感じ、
感謝すること。

緊張感を
忘れずに過ごしたいと
思っています。

被害にあわれた方が、
一日も早く
元の生活に戻れますように。

« »