今の私を、そのまま受け止めよう

夜、
リビングとキッチンを
片づけてから
寝られるように
なりました。

そして、
朝も
片づけてから
出かけられるように
なりました。

毎日確実に。
ではなく、
できる限りやる。
ですし、
次男が散らかしたものは、
ひとまとめにして、
食卓テーブルの
次男の場所に
置いてあって、
そこはおかんが関知しないことに
なっておりますが。

息子たちが小さい頃は、
そんな余裕は
とてもなくて、
ざっくりとしか
片づけたりはできず、
いつも家の中は、
雑然としていました。

10年以上経って、
不要なものを捨て続け、
さっと取り組める自分を作り、
やっと今、
ここに到達したって感じですが、
これができるようになって、
片付いた家が、
本当に
それだけで
幸せな気分に
なれるってことに
気づきました。

昔は
やればできるのを
わかっていたけど、
できなくて、
できない自分が
嫌になっていたことも
ありました。

わかっていたけど、
疲れている自分を言い訳に、
放置してばかりでした。

今は、
そのころを振り返っても、
そうしかできなかったのだから、
そういう自分もOKに
しています。

あのころは、
あのころで、
それでいい。

そして、
あの頃より
できるようになった
今は今で
これでいい。

昔はダメで、今はOKではなく、
昔は昔でOKで、
今は今でOKなんです。

お子さんが小さいうちから、
キレイに片づけが
できている方も
いらっしゃると思いますが、
おかんはやっと今、
ここに到達です。

でも、
「やっと今」であっても、
これでおかんは
満足しています。

今になるまで
できなかった。

とは考えず、
子どもが大きくなった、
今だからこそ、
できるようになった。

できたできた!
私にもできるんだ~!
って。

できなかった過去も、
そのまま認め、
今の
できた自分も、
そのままで認め、そして
ほめています。

自分をほめる、
できた自分を認める。
できなかった自分を認める。

そうやってとらえることは
できていますか?

そうではなく、
いつも、
できていないところを探し、
絶えず
自分を責めている。

これでは自分にOKが
いつまでたっても
できませんよね。

すごくしんどいと
思います。

そんなパターンに
陥っていたら、
少しずつ、
変えていきませんか?

自分を認められるように
なるためには、
なにかしら
今までよりもっと、
できなければいけないのでは
ないのです。

今のままで
十分なんです。

できる自分も、
できない自分もある、
今のままの自分。

その自分を、
「今は」これでいいんだ。
と思って
見てあげてほしいのです。

今の、
ありのままの姿の自分。

気に入らないところがあっても、
できていないところがあっても
それでいいから、
今そのままの自分で、
今はOKにしてあげてください。

そう思って、
自分を見る感覚を
少しずつ持てるように
なってみてください。

どう頑張っても、
自分1人の力では、
そんな風に思えないときは、
おかんのカウンセリングを
受けてみてくださいね。

少しずつ、
自分を見る目を変えて、
自己肯定を育てていく。

おかんのカウンセリングは、
そういうことも、
できるのです。

悩みも、
困ったことも、
1人で抱えず、
一緒に解決していく。

そんなパートナーでありたいと、
おかんはいつも
願っています。

« »