夏休みなんだから

ここ数日、
ブログを最初から
見返しています。

9年前の夏から始まった、
ブログには、
まだ小学生だった
息子たちとの毎日が、
たくさん綴られています。

夏休みは、
書きたいことが
たくさんあるけれど、
子どもたちに時間を取られ
思うように書けない。

なんてことも、
書いてありました。

そう。

今は夏休み。

お母さんたちは、
家事が増えたうえに、
子どもの相手も
増えている。

おまけに
家族で出かけるイベントごとも、
増えているはず。

この時期は、
非日常の中で
子育てをしているんだ。
ってことです。

そして、暑い。
とにかく、
不快になる暑さが続く、
日本の夏。

この状態で、
お母さんたちが
いつも通りでいられるはずが
ありません。

それ以外の時期よりも、
疲労が蓄積し、
ちょっとしたことで
イライラしてしまう
自分がいたって、
「だってしょうがないじゃないか」
(えなり君風に)
っておかんは思うのです。

できない自分を
責めないでね。

イライラする自分を
責めないでね。

夏休みなんだから。

暑いんだから。

過去のブログには、
こんなことが
書いてありました。

「子どもの世話が増えて、
朝ごはんの片付けも、
洗濯も、掃除も、
いつもの倍以上の時間が
かかっている。

でも、夏休みだから。

普段はここまで
一緒に過ごせないし、
あと何年こんな風に
過ごせるかと思うと、
やっぱり文句は言わずに
大事に過ごそう。」

「仕事をしているときは、
私が家にいれば、
子どもは落ち着いてくれると
思っていましたが、
家にいても、
仕事をしていて
子どものほうを見ていなければ、
結果は同じだということに
気づきました。」

せっかくの夏休みです。

子どもたちがこの年齢の
今年の夏休みは、
もう二度と来ないのです。

部屋を涼しくして、
いつもより
家事少な目で、
子どもとの時間多めで、
一緒に宿題を見たり、
遊んだりして
過ごしませんか?

忙しくても、
目線を子どもに向けていくのを
忘れないでね。

そんな時期、
本当にあっという間に
過ぎていくんだから。

« »