お子さんには叶えたい夢がありますか?

小さい頃
「サッカー選手になりたい」
と七夕の短冊に
書いたことがある次男。

その後も、
いろんな職業や、
欲しいもの、
行きたいところなど、
次男から
たくさん夢の話を
聴いてきました。

その中から彼は、
先生になるという夢を
実現するために、
まずは
大学に進学することにしました。

夢への通過点を
ひとつ越えたというところです。

卒業旅行に車で行く。
という夢をかなえるために、
教習所にも通い始めました。

ここも
教習所に申し込む。
というハードルを
ひとつ越えたのが
今の状態です。

彼は夢を叶えるために、
行動する。
ということを
知っていて、
それを実行しています。

長男からも、これまでに、
先生になりたい。
や、
自然の多いところに住みたい。
や、
海外で自分を試してみたい。
など、
その時その時の、
彼の夢を
聴いてきました。

そして今長男は、
新たな夢を叶えるべく、
中型バイクの
免許をとることに
したようです。

のりたいバイクが
あるんですって。

そのうち
バイクツーリングをしている
長男をみることになるのかも
しれませんね。

夢って、
叶えるために
持つものではありません。

たくさんたくさんの
夢が日々心の中に
生まれてきて、
その中から
本当にこれ!
というものが見つかったら、
人はそれをゴールにして、
動き出すのです。

その夢を
叶えたいと思う気持ち。
そしてそれをなぜやりたいのか。
その理由や、
叶ったときの自分の姿に
ワクワクしたら、
それがやる気になります。

夢にも、
叶えたい理由にも、
ルールはありません。

どんな夢を見てもいいし、
どんな理由で
その夢を叶えたいと
思ってもいいのです。

子どもが勉強に
やる気を見せない。

そこに夢がないと、
やる気は出てこないでしょう。

なんのためにやるのか。
それがないと、
人はやろうとは思えないのです。

次男が高校に入ってから、
頑張って勉強していたのは、
推薦入試で大学に合格したいからでした。

推薦入試で大学に合格したいのは、
残りの高校生活で、
たくさんバイトをすることと、
車の免許を取るためでした。

それが叶った今、
彼には勉強に取り組む
モチベーションが見当たらないようで、
中間テストなのですが、
「やる気が出ない」
と嘆いておりました。

そりゃそうでしょう(苦笑)。

「だろうね~」
とおかんもうなづいておきました。

そんなもんです。

勉強でもなんでも、
子どもにやる気を持って
取り組んでほしい。

そう思うのなら、
まずはお子さんが
思いつくままに
夢を語れる環境を
つくることから。

たくさんの夢が
心の中から出てくるうちに、
本気で叶えたい夢が見つかり、
それを叶えるために、
今勉強が必要だ。
と自分で気づいたら、
お子さんは必ず
勉強をします。

親が誘導しては
いけないのです。

子どもが語る夢を、
「夢みたいなこと言うんじゃない」
と否定していたら、
いつまでたっても
子どものやる気は
出てきませんからね。

夢みたいなこといってないで、
まずは勉強しろ。

は、
大間違いなのです。

お子さんの夢を
つぶすような言葉を
かけていませんか?

あなたには無理。
夢ばかり追いかけてないで。
もうちょっとまともなことを
考えて。
そんな暇があったら、
勉強しなさい。

なぜそんな言葉を
子どもにかけてしまうのか。

それは、
親自身が夢を持っていないから。
夢を語っていないから。
夢をあきらめてしまっているから。

夢を語り、
夢を追いかけることをあきらめ、
現実をなんとか生きることだけで、
精一杯になっていると、
たとえ我が子であっても、
他人が夢を持つと、
それとストップさせるようなことを
言ってしまいます。

そんなの無理だって。
もっと現実を見なきゃ。

親がドリームキラーだと、
子どもは夢を持てなくなります。

夢を持てないと、
何事にもやる気を持てなくなります。

だからまず、
あなた自身が
小さいことから大きなことまで、
たくさんの夢を持ってください。

そしてその夢を
叶えるための行動を
してください。

まずはここからです。

それができると、
人の夢を
応援できるようになります。

人の夢に
耳を傾けられるようになります。

お子さんから、
たくさんの夢の話を
聴くために、
聴く力を身につけてください。

その夢をどんどん広げていくことで、
やる気も行動力も
育てていくことができます。

コーチングは、
夢を叶えるツールのひとつだと
おかんは考えています。

それを自分に使うことで、
自分の夢を叶えるために、
行動できるし、
子どもに使うことで、
子どもが夢を叶えるために、
行動できる子に
育てていくことが
できるのです。

「まずは勉強」ではありません。

「自分の夢」がまずはあって、
それを叶えるために
今、勉強する。
があるのです。

大人が望む
安定した未来のために、
勉強があるのでもありません。

ワクワクした
大きな夢を叶えるために、
勉強はあるのです。

あなたには、叶えたい夢はありますか?
お子さんには、叶えたい夢はありますか?
あなたはお子さんの夢を潰す大人に
なっていませんか?

自分の夢も、
お子さんの夢も、
潰さず
どんどん膨らませて行けるような
生き方と子育てを、
子育てコーチングで、
手に入れませんか?

« »