自分の子育てに満足する方法

これは、
子育てだけではなく、
生活にも言えることなのですが、
やりがいとか、
満足感とか、
充実感とか、
達成感とか、
そういうものって、
実は「面倒くさい」
の先にあるものなんです。

面倒くさいけど、
やってみた結果、
感じるもの。

子育ても、
がっつり取り組んで、
辛いことも
悲しいことも、
たくさん経験し、
「ああ面倒くさい」
とぶつぶつ言いながら
一所懸命やるから
後で振り返って、
「ああ自分も頑張ったな」
って思えるのです。

とりあえず
その場限りで、
大変なことは後回し。

目の前の問題を
見て見ぬふり。

そうやって
面倒くさいことかが
逃げていると、
問題はどんどん大きくなり、
手に負えなくなってしまうか、
自分自身
「何もできなかった」
という後悔だけが
残ってしまうのです。

だから、
今しんどさを
感じているのなら、
逃げずにしっかり
取り組んでください。

おかんは精一杯
サポートしますからね。

子育ては、
自分とは
考え方も行動も
全く違う人を
育てていくのですから、
楽なんてことは
ないのです。

他のお母さんが
楽そうに見えても、
やっぱりいろんなことに
悩み、
苦労していますからね。

ただ、
いくら満足感を
得ると言っても、
取り組まなくていいことも、
たくさんあります。

現実には、
取り組まなくていいことに
必死で取り組み、
取り組んだ方がいいことが
横に置きっぱなしに
なっていたりも
するのです。

今自分が感じている問題は、
取り組んだ方がいいのか、
取り組まない方がいいのか、
きちんと意識して
取り組むことが
大切ですね。

では、
今自分が感じている問題が、
どっちなのか?
は、
どうすればわかるのでしょう?

それは、
その問題について、
自分が頑張れば
何とかなるのかどうか。

ということです。

たとえば、
誰にも分らない
未来の起きてもいないことについて、
心配するとか、
自分では変えられない
子どものことを、
自分の理想に当てはめようとして
うまくいかず悩むとか。

それは、
どう頑張っても、
最後までわからないし、
どう頑張っても
変えることができないものなので、
それに対して、
時間をかけて
悩んでも、
それは時間の無駄。
ということになるのです。

不安を感じるのは、
構いません。

でも、
それは
今行動しない理由には
ならないのです。

子どもにこうしてほしいとか、
心の中で願うのは、
仕方ないと思います。

けれど、
それを口にして
子どもの行動を強制することは、
してはいけないのです。

それよりも、
自分が行動して変えられる、
今の自分を
何とかしていくほうが、
大変なことも多いけど、
ずっと確実に、
この先も含めて
変えていけるし、
満足感も得られる道ですからね。

未来の不安で
何も手につかない。

子どもを理想に当てはめることが
やめられない。

それは、
今自分ができることを
しないための言い訳に
過ぎないのだと思いますよ。

そう言って
立ち止まっていれば、
面倒くさいことに
向き合わずにすみますからね。

なので、
そう感じることがあればぜひ、
今自分ができることを探して、
行動してみてくださいね。

おかんもお手伝いしますからね。

« »