子に学ぶ

子育てって、
親が子どもを
育てていくイメージですが、
実際に息子たちを
育ててみて感じるのは、
育てるよりも、
自分自身が
育ててもらった。
の方が、
大きいのではないかということ。

子育てをする前の自分は、
一応大人だと思って
過ごしていましたが、
今から思えば、
何と未熟だったことか。

それでは、
今の自分が
ちゃんと大人として
成長できたのかと言えば、
まだまだ途中だと
感じることも多く、
息子たちから
学ぶことは
尽きません。

そんな息子たちとの
20年ちょっとの中で、
とても大きな学びだと
感じたことを3つ、
挙げてみようと思います。

ひとつは、
コミュニケーションの
あり方を学んだこと。

そしてもう一つは、
自分の心と向き合うことを
学んだこと。

そしてもう一つは、
感謝ということ。

どれも
子育てをする以前から、
学んでいたし、
やっていたし、
知っていたことだけれど、
それらを
さらに深めてくれたのが、
子育てでした。

親と子という、
他人との関係性と違って、
切りたくても切れない
その中で、
自分とは違う人だということを
嫌と言うほど
思い知らされ、
突きつけられ、
これでもかというくらい、
悩み、
ぶつかり、
付き合ってきました。

コーチングと出会えたのも、
息子たちのおかげですし、
深く突き詰めて
学び、実践していくことで、
それを一生の仕事とすることも
できました。

そして、
彼らと向き合えば向き合うほど、
自分とも
向き合わざるを得なくなり、
自分がどう感じているのか。
自分はどうしたいのか。
自分はどうありたいのか。
絶えず自問自答することが
増えていき、
自己肯定や、
自分を認める。
ということについても、
しっかりと考えるように
なりました。

そんな濃厚な20年ちょっとを
過ごせたことを
心から息子たちに、
感謝しているのです。

感謝だって、
感謝しなければならない。
と思ってしているのではなく、
心の底から
その気持ちが
湧き出てくる。

ということを
感じるようになりましたし、
私の心を
強くしてくれたのも、
温かい気持ちを持たせてくれたのも、
やはり息子たちなのです。

自分の思うように、
理想の子育てを目指して、
奮闘し、
それを押し付けてはいけない。
ということも、
嫌と言うほど
思い知らされました。

自分の役割を知り、
彼らを尊重し、
彼らの力を引き出してあげることに、
集中していくことで、
想定外の、
想像以上の幸せを
感じられるようにも
なりました。

親子であることが、
辛かったこともあります。

やめたくなったことも、
もちろんあります。

でもそのたびに、
それを越え、
なんとか関係性を
つないできたからこそ、
お互いに、
深く大きく成長できたのだと
感じています。

今、
子どもを嫌いなわけではないけれど、
うまくいかず
苦しさやしんどさを
感じているなら、
それは
さらに大きく
成長するチャンスなのだと
考えてみてください。

越えた先には、
大きな幸せが、
待っています。

そしてまた、
次のハードルも。

いや、
ハードル走というよりは、
障害物競走。

大きな壁を上り、
池に飛び降り、
びしょびしょの、
ボロボロの
ヘロヘロになって
走っている。

そんな自分を感じつつ、
今日もまた、
息子たちとの一日を
過ごしていこうと思います。

そうそう、
私に
前を向いて頑張れる勇気を
くれた人たちが
息子たち以外にもいました。

それは、
子育てコーチングを通じて
出会った、
1人1人のあなたです。

あなたに、
経験したことや
学んだことを伝え、
励まし、
応援し、
一緒に子育てを
楽しみながら
ゴールを目指して
走っていきたい。

その想いがあるから、
やってこれたのだと
思っています。

おかんを見つけ、
出会ってくださったことに、
心から感謝しています。

« »